「私も彼が好きだから…」 恋愛に協力してほしいという友人をかわす方法

恋愛の協力を断る方法とは?

断る女性
(Prostock-Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ライバルだとわかっている時の牽制や、同じ人を好きだと知らなくて「恋愛に協力してほしい」という女性はいますよね。協力してしまうとトラブルのもとになる場合も。

そこで、fumumu取材班は、うまくかわす方法を聞いてみました。


①過去に面倒があったと拒否

嫌なムードの漂う揉め事はもう勘弁してほしいと思った女子は…

「三角関係はドロドロになりやすいですよね。自分が恋をしていなくても第三者から協力してと言われて、いざ助太刀すると、だいたいロクなことになりません。


一番おすすめは断固拒否。重要なのは、過去に面倒なことに巻き込まれたという経験を説明することでしょうか。協力依頼者からの印象は下がりますが、そもそもそんな面倒な人とは関わりを持たないことが最も大事かと思います」(20代・女性)


関連記事:好きな人に想いをちゃんと伝えるには…あとから後悔しない方法3ステップ

②自分の考えを話して断る

人の力を借りようと思っている人を交わすにはきっぱり断るのも一つの手です。

「”恋愛は自分の力で振り向かせてなんぼ”だと思っているので、協力なんてしたくありません。そのことを相手にもはっきりと伝えてます。それで友情にひびが入ったら、それまでってことだと思うのでダイレクトに言います。


人の力を借りて最初はうまくいったとしても、問題が起きるたびに人を頼るわけにもいかないし…。そういうことも伝えるようにしています」(20代・女性)


③忙しいからと断る

女友達に、彼のことが好きだから間を取り持って欲しいと言われた女子は、自分で何とかして欲しかったため、忙しいことを理由に断ったそうです。

「女友達に『彼のことが好きだから一緒に遊ぶ機会をセッティングして欲しい』と協力を求められました。恋愛に関わると、成功しなかったときに気まずくなるので、仕事が忙しいから遊ぶ機会が無いと断りました。


そうすると、仕事だったら仕方がないと諦めてくれました。仕事や家庭の事情など、どうしようもないことを理由にすると恋愛への協力を避けることができます」(20代・女性)


しっかりと事情などを説明した上で断るのが良さそうです。

・合わせて読みたい→恋人は欲しくないと思っていた男子が…「付き合いたい」と思った瞬間

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事