VRで国立科学博物館を自宅から無料見学可能に 「科学を味わって」

国立科学博物館が、VRで家にいながら楽しめるサービスを導入します。

国立科学博物館

国立科学博物館が、新たなサービスが行われることが明らかになりました。VRで、無料で国立科学博物館内の映像を見ることができ、自宅から“入館”ができるようになるようです。

発表を受けて、じっくりと見られる喜びを綴る人が続出しています。


■休館中の国立科学博物館…

先月19日に示された、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解等を受けて、国立科学博物館(上野本館)は、当面の臨時休館を継続することを発表。

様々な特別展・企画展も開幕未定や延期の対応がされました。また、一部のイベントは中止となっています。


関連記事:行き当たりばったりデートのトラブル、どうやってフォローする?

■VRで無料公開を実施

そんな中、18日には自宅にいながら国立科学博物館内を見学できるVRサービスを新たに導入することが明らかになりました。

VRなので、映像を見るための専用ゴーグルは必要になりますが、自宅からの“入館”は無料になります。実施期間は、4月24日からの予定です。

国立科学博物館の林良博館長は、サービスの決定について、「自宅で待機しなければいけない多くのお子さんがおられます。ぜひ、科学を味わってもらいたい」と思いを話しています。


■あつ森の博物館のモデル

この発表には、「あつ森の博物館のモデル(の部分もある)!」「国立科学博物館は実際に行くと、ものすごいボリュームでなかなかゆっくり見れないから、家でじっくり見れるのは嬉しい」「自粛中の楽しみでゆーーーーっくりと楽しみたいです」と大興奮する大人の反応が続々と寄せられています。大人も子供も楽しめそう…。

かなり広く、内容が充実しているため1日で周りきれなかった経験を持つ人は多いのではないでしょうか。何度見ても新たな発見がある国立博物館をじっくりと堪能するチャンスですね!

・合わせて読みたい→豊洲もコロナで大打撃? 三ツ星ホテルに約3,500円で宿泊した結果…

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事