最上もが、笑顔へのコンプレックスを告白 「何年もダメージ残る」

最上もがさんが、笑顔コンプレックスについて言及しました。


最上もが

17日、タレントで元アイドルグループ「でんぱ組.inc」の最上もがさんが、”笑顔”に関してコンプレックスがあることを明かしました。


■「笑顔コンプレックス」

「『笑顔の写真アップしてください。』 と言われて探しました」とツイッターを更新した最上さん。リクエストに応え、ライブ中に撮影された4枚の写真をアップしました。

以前、「ほぼ一重の厚ぼったい目、小さい黒目、犬歯などがコンプレックスだったために写真が嫌」と話していましたが、この日も「笑顔コンプレックスみたいなの昔からあって、スチール撮影は笑ってと言われない限り笑えないんですが、ライブ中はめちゃくちゃ笑ってました」と、笑顔が嫌だったことを告白しています。


関連記事:最上もが、整形疑惑に言及 「ちゃんと話しておきたい」「変われるよ」

■「何年もダメージ残る」

笑顔コンプレックスになった原因について、「学生時代に歯並び悪くて笑うと唇に歯が引っかかって顔が歪んでみえたり、笑った時に目が笑わないとか、この仕事始めてからは笑顔=ほうれい線目立ちますねwwて叩かれたり、中途半端な笑顔のスクショにブスとかきたり色々あったんで!」と説明。

「誹謗中傷とかって何年もダメージ残る」と心情をあらわにしています。


■ネットだから言っていいとか…

ファンからは、「笑顔のもがちゃんは最高にかわいいよ。見てる俺も笑顔になれるありがとう」「笑顔じゃない時だって大好きだけど、笑顔の最上さんがやっぱり1番大好きです」「ライブの時もがちゃんが笑ってみんなに手振ってくれるのとっても好きでした!」と、最上さんの笑顔に絶賛の声が殺到。

コンプレックスになった経緯を知って、「嬉しい言葉も残るけど傷ついた言葉や出来事の方がトラウマになったり何十年もふとした時に思い出しますよね」「たまに『顔出して仕事してるんだから』とか言う人いるけど、じゃあコンビニの店員さんに『お前の笑顔不愉快なんだよ』とか言うやついるか? って話なんですよね。ネットだから言っていいとかじゃない」などの反応も寄せられました。

人の容姿について言うのは失礼ですよね。心無い一言によって、その人がずっと苦しむことがあります。誹謗中傷がなくなりますように…。

・合わせて読みたい→長澤まさみ、有村架純に見せた笑顔が眩しい! 「素晴らしい世界」

(文/fumumu編集部・Amy

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事