しばらくいいや…トランスジェンダーが恋愛疲れしてしまう理由

トランスジェンダーが恋愛で疲れてしまう理由とは…

挫折する女性
(twinsterphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

出生時の性と性自認が一致しないトランスジェンダーは、恋愛疲れをしてしまうことが多いようです。

fumumu取材班は、恋愛疲れをしたことがある人に詳しく話を聞いてみました。


①叶わぬ恋が多い

「手術をしていない場合に、トランスジェンダーではない人から見れば“同性同士の恋愛”のように感じてしまうことがほとんどのようです。この時点で、異性愛者の恋愛対象からは外れてしまいます。


また、バイセクシャルも“男性・女性でくくれる人”なので、トランスジェンダーは恋愛対象外です。となると、ほとんどの人の恋愛対象外なので、トランスジェンダーは叶わない恋をしがちなんです。毎回振られていると、怖くなって恋愛したくなくなってきますよね…」(20代・女性を自認)


関連記事:じつは気まずい…トランスジェンダーが困りがちな話題とは?

②「同性と仲良くしないで」

「自分は男性を自認しているからこそ、男友達の方が多いです。ですが、彼女には男友達と仲良くしていると嫉妬されてしまいます。


恋愛をすると、『同性と仲良くしないで』って言われることがとても多くて、それで疲れるとうんざりしてきてしまうんです。


多分、交際相手は同性も恋愛対象になる人がほとんどだから、同性との付き合いが気になってしまうんだと思いますけれどね…」(20代・男性を自認)


③男性・女性を理解できるという期待

「見た目が女性だからなのか、女心や女性の悩みに理解されやすいと思われていたみたいです。確かに生理など自分も経験することは理解できるのですが、性自認は男性なので、よく理解できない部分はたくさんあります。


相手の期待値が高いと、『まあ、男性だし仕方ないよね』と思ってもらえないので、『どうしてわかってくれないの!?』と怒られることが多いんですよね。


幸せな気持ちより嫌な気持ちになることが増えたら、しばらく恋愛はいいや…と感じて、別れたくなることがあります」(20代・男性を自認)


トランスジェンダーの人と付き合う人は、気遣いができるとよいですね。

・合わせて読みたい→親との決別も…トランスジェンダーがツラかった場面3つ

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事