美容や疲労回復に! はちみつレモンでカンタン「おうちカフェ」

はちみつレモンを作ってみました

はちみつレモン

料理やお菓子にも使える、万能調味料のはちみつレモン!  fumumu記者がインスタ映えのアレンジレシピを紹介します。


画像をもっと見る

■はちみつレモンを作ろう

レモンには、ビタミンCが多く含まれていて、肌荒れや疲労回復にも役立ってくれるそう。また、はちみつにも健康効果と美容効果が期待できると言われています。体にもよくて、しかも美味しいのでいいことばかりですね!

使うものは、お好きな量のレモンとはちみつ。今回はレモン2個分を使いました。

瓶やタッパーなど密閉できる容器も準備してください。容器は先に消毒しておきます。きちんと消毒しないと、漬けてるあいだに菌が繁殖してしまい、長持ちしなくなってしまうのでご注意です。

それでは、早速はちみつレモン作ってみましょう!

①レモンをよく洗って輪切りする

皮ごと漬けるので、無農薬のレモンを使うことをおすすめします。皮も食べるのでよく洗う事が大切です。


はちみつレモン


②瓶にレモンとはちみつを交互に入れる

はちみつの量はお好みです。後からでも足せるので最初は少なめでも大丈夫です。


③冷蔵庫に一晩以上置く


はちみつレモン

はちみつは元々殺菌作用があるので、瓶をちゃんと殺菌しておけば冷蔵庫に入れて半年弱は持つそうです。皮の苦味が無くなったら食べごろです。

手順はたったこれだけ!  10分もあれば作れちゃいます。


関連記事:食欲の秋を味わう! 旬の食材を使った簡単電子レンジレシピ3品

■フルーツごろごろはちみつレモンソーダ

お次は、はちみつレモンを使ったドリンク! 「フルーツゴロゴロはちみつレモンソーダ」です。

はちみつレモン

はちみつレモンの汁を、ソーダで割って、ざく切りしたリンゴとオレンジを入れました。右側のグラスにはベリー系のジャムも入れてます。

はちみつレモンだけでも十分美味しいのですが、好きなフルーツやジャムなど入れるのもおすすめ。ミントを入れるとモヒート風になり、さっぱりしたドリンクにもなります。

ホットのはちみつレモンもおすすめです!


■輪切りがカワイイ! レモントースト

はちみつレモン

レモントーストはホイップを塗ってレモンの輪切りをのせるだけ! 輪切りの断面がカワイイですね!

はちみつレモンは、ヨーグルトやフレンチトーストにかけたり、パウンドケーキやチーズケーキを作るときに使ったり、はちみつレモンゼリーを作ったりできます。

甘いもの以外の料理でも、ポテトサラダに混ぜたりしても使えますよ。

簡単に作れて、美容にもいいはちみつレモン。みなさんも、ぜひいろいろなアレンジに挑戦してみてくださいね!

・合わせて読みたい→ケンタッキー『辛口ハニーチキン』新登場! 辛いか甘いか食べてみた

(文/fumumu編集部・Nami

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事