『あつ森』トラブルが世界で横行 高額転売のほか詐欺も急増中

人気故のトラブルが多発中

SWITCHで遊ぶ男性
(Wachiwit/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日本での高額転売、中国での発売禁止など何かと話題の任天堂Switchゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』。

そんな中、台湾でも現在入手困難である限定版パッケージが詐欺行為に使われていると報じられました。


■あつ森同梱版が欲しい!けど…

詐欺に使用されているのは日本でも価格が高騰している『あつまれ どうぶつの森 Nintendo Switch 同梱版』。

こちらは任天堂Switch本体に登場キャラクターのたぬ吉、まめきち、つぶきちが描かれたキュートな本体にパステルカラーのコントローラー、そしてゲームソフトがついたオリジナルのパッケージ。

外箱にもゲーム内の世界が描かれ、ファンの間で「可愛い」と話題になっていた逸品です。現地メディアによると、3月20日の発売から今まで71件の詐欺が横行しているというのです。


関連記事:ハリー杉山、政府の判断に怒り 「国民の声が聞こえないのか?」

■実物が送られてこない!

台湾警察は詐欺の一例として、「掲示板で見知らぬ人から『あつ森』を購入すると約束した男性」の情報を公開。

双方は上記の同梱版を9840元(約3万5000円)という価格で取引を行うと約束していたそうで、台湾セブンイレブンが提供しているサービス【コンビニ同士の郵送】を使い、取引を行ったところ、なんと送られてきたのは現品を撮影した写真だったとのこと。

台湾での通常版市販価格が9780元であることを考えても、大人気の『あつ森』がこの価格で購入できるなんてあまりにも出来すぎた話ですが、男性は嬉しさのあまり信用してしまったのでしょうか。

続きを読む ■現地警察も警戒を呼び掛け
  • 1
  • 2

おすすめ記事