悪いと思いながらもつい…人のせいにして逃げようとした体験談

人のせいにするのは、褒められた行為ではありません。しかし責任を逃れるために、やってしまう人もいるようです。

②彼氏が厳しいと嘘をつき

「私がいる部署の上司で、やたらと飲み会が好きな人がいます。私はあまり行きたくないので、『彼氏の束縛が激しい』と嘘をついているんです。


『行きたくない』は当然言えませんし、『用がある』も毎回は通用しません。だから彼氏には悪人になってもらって、飲み会を回避しています。


ただ上司からは、『そんな彼氏とは別れたほうがいいよ』と言われていますが…」(20代・女性)


関連記事:こんなにも変わるの? 30代女子が年齢の扱いでムカついた体験談

③辞めた人に責任をなすりつけ

「私と辞めた人が手をつけていた仕事で、トラブルが起きたときの話です。上司に怒られるのが怖くて、私は辞めた人がやったことだと責任をなすりつけました。


結局は私も連帯責任だと怒られてしまったのですが、今考えると人間として最悪だったなと反省しています」(20代・女性)


人のせいにするのは、やはりよくないことですね。

・合わせて読みたい→女性慣れしてないせい? 優しく接していたら男性が勘違いした体験談

(文/fumumu編集部・ニャック
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日 対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事