隔離13日目に公園へ…? まさかの方法にネット称賛

あと1日頑張れば解放されるのに…!

散歩
(VTT Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した際、2週間の隔離が必要なのはどの国も同じ。現在お隣の国・台湾では海外から帰国した人も同じく二週間の自宅隔離を強いられます。

ですが、14日もの間一歩も外に出られないという決まりも中々辛い…。そんな隔離中の人が「13日目、公園に行った!」と投稿した所、その方法に数多くの称賛が集まっています。


■隔離終了まであと1日!

台湾フェイスブックコミュニティ・「爆廃公社二館」にて現在隔離中であると明かし「隔離13日目!公園でお散歩」と動画を公開した投稿主。

台湾では隔離期間中無断外出を敢行した場合、数十万~の罰金が待っているはず…。公園に飛び出したい気持ちは大いにわかりますが、あと1日で解放されるというのに何故踏み切ってしまったのでしょうか?


関連記事:隔離中のトム・ハンクス、 トーストに塗ったものにファン「正気か?」

■まさかの外出…と思いきや?

実はこの投稿主、実際に外出したわけではなく、Google earthを少しずつ移動させ、歩いているような気持になることが出来る動画。パソコンやスマホさえあれば行きたい公園の名前を入れるだけで好きな景色を見ることが出来るまるでどこでもドアのようなアイデアです。

在宅のストレスで腦が吹っ切れたようにも感じますが、気分転換しながらあと1日頑張ってほしい!


■ネット民からは称賛

この投稿を受け、ネットユーザーからは「お疲れ様!あと1日頑張って。隔離のご協力ありがとうね」「いいね!あと1日で君は自由だ」といった労いの言葉が殺到。「この発想はなかった」「Google散歩だね」等、目から鱗のアイデアに驚く声も見受けられました。

その他にも「いっそのことオーロラを見に行こうよ」「海外の公園にも行けるよ」「なんなら世界一周できる」「マウスのクリックに気を付けて~海外に出たらまた14日隔離だ」と冗談を言い合うユーザーの姿が。

日本でも緊急事態宣言が行われ、不要不急の外出を自粛しなければならない今日この頃ですが、Google earthを使って世界旅行を楽しんでみても良いのかもしれません。

・合わせて読みたい→「隔離するなら訴える!」 新型コロナのクレームに空港が大騒ぎ

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事