「本音を伝えるのって難しい…」 話すことが苦手な人が気持ちを伝えるコツ

気持ちを伝えることが苦手な人が、本音を口に出すためにはどうすればいいのでしょうか?

人見知り
(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の本音を口に出せずに、「どうして言えないんだろう…」と後悔してしまう人も多いようです。

相手に気持ちを伝えるためには、なにを意識すればいいのでしょうか? fumumu取材班が、気持ちを伝えるコツを聞いてきました。


①急いで返事をしない

「回答を求められているからと、急いで返事をしてしまうと、つい相手に合わせてしまうことがあるんです。『早く返事しなきゃ!』と焦って、相手に求められているであろう返事を、ポロっと言ってしまうんですよね。


まずは、返事を急がないことが大切だと思います。少しくらい考える時間をもらっても、相手は怒らないと思いますよ。


むしろ、それくらいで怒るなら相手に問題がある気がします。自分の本音を頭の中でまとめることができれば、本音以外を言ってしまうことも少なくなるんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:彼が何を考えているかわからない…気持ちを探る方法3つ

②文章で伝える

「相手と対面で話していると、色々な感情が邪魔してどうしても本音を言えないこともあると思うんです。そういうときは、文章で相手に伝えるようにしています。


LINEで送ったり、仕事ならメッセンジャーを使ったり。文章のやり取りだと、相手に返事を送るときも内容をゆっくり考えられるんです。


伝えたいことを事前に文章で送っていれば、その後でもし直接話すことになっても、会話がスムーズに進みますよ」(20代・女性)


③表情を使う

「口下手なので、とっさに本音を言うことが苦手なんですが…。その分、表情が豊かになったと思います。


相手に待ってほしいときや、なにか不満があって伝えたいことがあるときは、つい顔に出てしまうんですよね。仲のいい子だと、頭の中で考えを整理していることを察してくれるので、私が話始めるのを待ってくれることも多いです。


表情ですべてを伝えることは、もちろん無理だと思うけど…。腑に落ちていないことがあるのなら、まずは顔に出してアピールして、相手に考える時間をもらってもいいと思います」(20代・女性)

とっさに本音をポンポンと伝えられるほうが、もしかしたら珍しいのかもしれません。

すぐに返事が出来ないなら、「考えるからちょっと待って~」とサラッと伝えるのもひとつの方法ですよ。

・合わせて読みたい→本音をさらけ出すコツは? 人と深く付き合うコツ

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事