外出自粛の今、マスクとトイレットペーパー以外で困っていることって何?

スーパーに足を運ぶのではなく、ネットで買い物をする人一気に増えて、荷物届くの遅すぎ…

外を見る女性
(Suphansa Subruayying/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

コロナウイルスのせいで、店頭からソッコーでトイレットペーパーが消えたり、マスクが入手困難になってしまったりと、生活しづらい日々が続いています。

コロナウイルスのせいで、マスクやトイレットペーパーに限らず、いろんなところに影響が出て、困っている人も多いもの。

そこでfumumu取材班は、マスクとトイレットペーパー以外で困っていることについて聞いてみました。


■ネットの配送がかなり遅い

「今まで注文したら2日ほどで届いていたオンラインストアの配送がかなり遅く、注文をして7日経った今もまだ届かない…。Amazonフ〇ッシュもお届け日時がかなり先まで埋まっていて…近所のスーパーに自分で買いに行った方が早い状態。


正直、コロナがここまで日常生活に影響及ぼすとは思っていかなった。買い溜めは良くないというのはわかっているけど、買い溜めする気持ちもわかる」(30代・女性)


関連記事:足立梨花、トイレットペーパーの品薄に苦言 「学んだんじゃないの?」

■会社に出社しなきゃいけない

「外出自粛で、リモートワークになっている企業も増えている中、勤め先は普通に出社スタイル。なので、毎日電車に乗って通勤しているし、会社の人と会う。


仕事を失った人がたくさんいる中、今まで通り働けているのはありがたいことだけど…マスクをして、こまめに手洗いをしているとはいえ、『いつか自分もコロナになるんじゃ…』と怯えているのが本音」(30代・男性)


■収入減で生活が…

「飲食店でバイトをしていたが、今回のコロナのせいでお店を一時閉めることになり、当分バイトに行くこともなく、手当もなく…収入減で生活が苦しい。


少し貯金があるので、それで食いつないでいくしかないが、いつ貯金が底を尽きるか…。それまでに新しい仕事を探さないと」(20代・女性)


いつ終息するか不明なコロナウイルス…。終息をさせるためにも、まずは無駄に外に出ない、手洗いうがいなど予防を徹底するなど、自分たちでできることはしっかりしましょう。

・合わせて読みたい→日高光啓が最近の私生活に言及「パジャマからパジャマに着替えるような生活」

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事