ウーマン村本、福井県知事の言葉に怒り 「コスパよりも即、安心を」

村本大輔さんが、飲食店側に立ち政府に訴えかけています。

ウーマンラッシュアワー村本

2日、福井県知事は「接客を伴う飲食店の利用を当面3週間は控えて」と自粛を求めました。

これに対して、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんは飲食店側に立ち、怒りを滲ませた発信をしています。


■「3週間、ご利用を控えて」

福井県では、新型コロナウイルスの感染者が連続で確認されていることから、知事は「国の専門家会議の提言も踏まえ、接客を伴う飲食店の利用について、(4月23日までの)当面今後3週間、ご利用を控えていただくようお願いします」と会見で訴えました。

また、飲食店を営んでいる人に向けて「発熱など体調不良の方の出入りを控えていただくよう呼びかける張り紙を掲示するなど、注意喚起をお願いします」とも呼びかけています。


関連記事:「声が大きいんだよ…」 飲食店スタッフがイライラしている客の特徴3つ

■飲食店側はどうなる?

これを受けて、村本さんはツイッターで「一言でも『飲食店の方々には全額補償しますから大丈夫!』って言えよ。飲食で働く人の中には自分や家族が大きな病を患ってて疾患を持ってる人もいる」と激怒。

続けて「コロナが怖いが生きてくために店に立つ、だけどいま『来て』とも言えず葛藤し苦しんでる。いまコスパよりも即、安心を」と飲食店側の苦労を綴りました。

そして、「外出するな、責任ある行動をって国民が国民に言うけど、外出せず、その飲食店が潰れたら彼らは責任はとらない。店にコロナがでて人を殺しても店は責任を取れない。だから政治家こそがいま責任ある行動を」と政府に対応の改善を求めています。


■「家にいろって言うんなら…」

また、飲食店への補償の捻出について「家にいろって言うんなら家の中はマスクいらないでしょ。マスク配ったら外でやすくなるでしょ。マスクもらったら安心して店行くよ。出したいのか自粛させたいのか、この額で体力のない飲食店を少しでも助けろよ」と、各家庭にマスク2枚を配布するのに50億円くらいかかると言われている点に言及し、飲食店に回してほしいと訴えています。

国民が今何を求めているのか伝われば良いものですが…。

・合わせて読みたい→コロナの影響で閑暇した/多忙になった、私達に身近な業種とは?

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事