マエケン「絵を描こう」宣言に反響続々 「上達するからやめて」

「絵心がない」といわれる前田健太投手が「絵を描く」とTwitterで発言!

前田健太

MLBのミネソタ・ツインズで活躍するプロ野球選手の前田健太投手が29日、自身のTwitterを更新。その衝撃的な内容にファンから様々なコメントが寄せられています。


■絵をいっぱい描こう

人気バラエティー番組『アメトーーク!』の「絵心ない芸人」の一人として有名なマエケンこと前田投手。現在、前田選手が活動するアメリカの大リーグも開幕戦が延期となり、選手たちは試合ができない状況になっています。

選手たちも家でゆっくり過ごしていることでしょう。そんな中、前田投手は自身のTwitterで「家で時間があるから絵をいっぱい描こう。」とツイート。

前田投手の画力は番組でご覧の通り、とても独特。「絵心がない」と言われているものの、絵を描くことが好きな様子。時間がある分、たくさんの作品が生まれそうな予感がします。


関連記事:星野源、クリスマス最新画にファン苦笑 「トナカイの悲痛な叫びが…」

■グッズを作る!

なぜ、絵をたくさん描こうと思ったのか。その理由について前田投手は次のように綴っています。「実は、僕の描いた絵で色々グッズを作ってみようかなと思ってます。笑 月1ペースくらいで汗みなさん買ってくださいね」

前田画伯は自身の作品をグッズにして、ファンの元へ届けようと考えているようです。その後、「頑張って描きます。笑」とライオンやキリン、そしてペンギンでしょうか? 3匹のイラストが描かれた画像が投稿されました。

独創的で、クセがある前田画伯の作品たち。これは、ファンにとっては朗報ですね!


■上達してしまう!

このツイートに「作品を楽しみにしています!」「ツイートを期待しています!」と前田投手の新作を楽しみにする声が続々と寄せられています。また、グッズ化に関しては「絶対買います!」「Tシャツがほしい!」と購入する気満々! この様子だと、グッズは完売してしまうかも…?

しかし、中には「上達してしまう!」「うまくならないでほしい」と絵を描きすぎて前田投手の絵が上達してしまうのではないかと心配する声も少なくはありません。

確かに、グッズが出すほど絵を描くとなると慣れてきてだんだんうまくなってしまいそう…。マエケン画伯のタッチは変化してしまうのか不安ですね。いいのやら、悪いのやら…。

果たして、どんなグッズができるのか、前田投手は絵が上達してしまうのか。マエケン画伯からどのような傑作が生まれるのか楽しみですね!

★前田画伯の動物たちはコチラ

・合わせて読みたい→京都に行ったらココ! 穴場スポットで迫力満点のアート巡り

(文/fumumu編集部・吉田あやの

おすすめ記事