顔相鑑定㊹:綾瀬はるかは現代のモナ・リザ? 顔の魅力を徹底分析

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、女優の綾瀬はるかさんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は女優の綾瀬はるかさん。

昨年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では主人公の妻の役を演じ、『第70回NHK紅白歌合戦』では、4年ぶり3回目となる司会も務めました。

6月から始まったこの連載も今回でちょうど10ヶ月。明日から新年度ということで今年度の総決算スペシャルとしてお届けします。


■秘めたる野心がある綾瀬はるか

綾瀬はるか

綾瀬はるかさんのことは、松坂桃李さんと共に主演した映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』公開直前イベントの際、顔合わせと本番の2回、1メートルもない至近距離でお顔を見て生で顔相鑑定したことがあるので誰よりも自信があります。

輪郭的には頬からアゴにかけての独特なフォルム。そして、左右で目の大きさや角度が違っていて、眉も左右で違うなど左右不同なのに全体で見るとバランスがとれたお顔です。

唯一無二の個性美で、私は「現代日本の3大美人」の1人に選んでいます。「3大美人」には北川景子さんも選んでいるのですが、北川さんがメイクで真似しやすい顔なのに対し、綾瀬さんは真似しにくい顔なのです。

人間の脳は一見左右対称に見えてアシンメトリー(左右非対称)な顔に魅力を感じるようにできているようで、その代表は絵画ならばモナ・リザの顔、女優ならば綾瀬はるかの顔なのです。

スティーブ・ジョブズの「禅」の師・乙川弘文氏をアメリカに招いたことで知られる禅僧、鈴木俊隆氏は「何であれ美しく見えるものはバランスを欠いている。しかしその背景は完全な調和を保っている」と言いましたが、綾瀬はるかさんの顔がまさにそうです。

目が左右で大きさや形が微妙に違っているのは観相学で「雌雄眼」と言い、要領が良くて頭も切れ、秘めたる野心のある顔相です。


関連記事:顔相鑑定㉗:北川景子は「現代日本の3大美人」 あの”目ヂカラ”メイク教えます!

■優柔不断なタイプ

この左右非対称な目と眉を引き立たせているのが鼻で、鼻は見事に左右対称のきれいな二等辺三角形の縦長の鼻で鼻筋が通っています。

鼻筋から小鼻までは直線的で小鼻の張りがありません。この顔相は男性よりも女性に多く、あれこれ迷って決められない優柔不断なタイプです。

今まで噂になった彼氏がいましたが、結婚に至らなかったのはこの性格が関係しているのかもしれません。個人的には2015年に熱愛報道がありその後、破局、そして復縁の噂がある松坂桃李さんとの電撃結婚を期待しています。

次ページ ■池袋絵意知監修「動物顔診断」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事