GACKT、日本人の拘束を受け注意喚起 「トラブルにならないよう…」

GACKTさんがマレーシアに住む人に向けて注意喚起しています。

GACKT

俳優で歌手のGACKTさんが、マレーシアで日本人男性らが一時拘束された報道を受けて注意喚起しています。


■マレーシアで警察に拘束

28日、GACKTさんは、ツイッターでニュースを共有。27日、コロナウイルスの感染拡大によって全土で外出制限がされているマレーシアで、ジョギングをしていた日本人男性ら11人が一時的に警察に拘束されました。

拘束理由は、外出制限がある中で、グアラルンプールでジョギングをしていたからだそう。現在は保釈されているものの、有罪とみなされた場合に禁固刑や罰金刑が科せられる可能性も考えられるようです。


関連記事:ローランド、GACKTと誕生日会を報告 その顔に「恋する女子にしか見えない」

■「ゲートコミュニティ内であっても…」

日本人で拘束者が出たということで、GACKTさんは「KLにお住まいの日本人の方々へ。すでにご存知の方もいるとは思いますが」と前置きしつつ、住民などしか入れないように出入りを制限されているゲートコミュニティ内であっても、ジョギングや外出が一人でしか認められていないことに言及。

「トラブルにならないようお気をつけください」と日本語と英語で呼びかけました。


■ちょっとひやっとしました

この呼びかけを受けて、「この記事見てちょっとひやっとしました。一人でしか認められていないとはいえ、GACKTさん一人で外出されるのも心配です…」「情報を広めないと。。。知らなかったんらかね?」と、情報に触れられない恐怖を感じた人もいる様子。

また、マレーシアの徹底した対応を受けて、「GACKTさんマレーシアは、日本よりも厳しくて大変なんですね。くれぐれもお身体に気を付けてお過ごし下さい」「GACKTさんも引き継ぎ情報確認して気をつけてくださいね」と心配する声も寄せられました。

特に堪能でない言語の国にいると、適切な情報を入手するのは難しいですが…。各国の対応を正しく理解しないと、捕まってしまうこともありそうです。

・合わせて読みたい→ローランド、GACKTと誕生日会を報告 その顔に「恋する女子にしか見えない」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事