ローラなども訴えてきた課題が悪化 改正動物愛護法が6月に施行

動物愛護法が改正されます。

ペット
(OlenaKlymenok/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動物愛護の活動に尽力するモデルのローラさんや、動物虐待事犯において、法の厳罰化に声をあげていた女優の杉本彩さんなど、数々の芸能人も積極的な取り組みをしていましたが…。

動物虐待の摘発が相次いだことを受け、6月に法改正が施行されることとなりました。


■ローラさんなども活動

動物に関する問題に対して取り組んできたローラさんは、これまで保護犬や保護猫をハッピーにするプロジェクト「UNI project」などを行い、数々の動物を引き取ってきました。

現在、ローラさんの住むロサンゼルスでは外出禁止令が出ているため、26日にも「わたしは動物ちゃんと一緒にくつろいだり、お料理をしたり、本を読んだりパソコンで作業をしたりしているよ」と、ペットに囲まれて家で過ごす写真がインスタへアップされています。


関連記事:ローラ、ヴィーガンになったことを否定 「どこにもゆってない」

■動物愛護法が改正

警視庁によれば、2019年に「動物愛護法違反容疑」で摘発されたのは100件以上で、統計が出てからは過去最多になっていました。

悪質な動物虐待を防ぐために、6月には改正された「動物愛護法」が施行。ペットをみだりに殺傷した場合に、2年以下の懲役または200万円以下の罰金から5年以下の懲役または500万円以下が科せられます。


■厳しくして欲しい

この決定には、「か弱い何の罪もない動物を虐待する人間は厳しく罰するべき。動画は即削除するべき」「強化賛成!!どんどん、厳しくして欲しい!!!」「その分保護施設に回してたくさんの命を救えたら良いですよね」など賛同する反応が続々と寄せられています。

生き物を自分の都合で傷つけてはいけないですし、ましてや自分より弱い立場にある生き物を虐げるなんて絶対にあってはならないことです。

・合わせて読みたい→動物アレルギーの恋人が家に来る…来訪が避けられないときの対策

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事