「いい上司・いい先輩」ってどういう人? 部下・後輩に聞いてきた

部下・後輩の立場の人に、「いい上司」「いい先輩」の特徴を聞いてきました。

会話する女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の部下や後輩には、できるなら「いい上司」「いい先輩」と思われたいですよね。ただ、漠然と「いい」と言われても、具体的にどうすればいいのでしょうか?

部下・後輩の立場の人に、理想の上司・先輩を聞いてきました!


①言い訳をしない

「自分のミスをちゃんと認めて、周りに謝れる上司は格好いいと思います。上の立場の人が、下の立場の人に謝るのって、プライドも関係してくるじゃないですか。


小さなプライドを乗りこえて、言い訳をせずに正直に謝罪してくれる上司は、器が大きいなぁと感じますね。反対に、いくら仕事ができる人でも、自分のミスを認めない人は情けなく見えます。


自分のプライドを守ることだけしか考えてないように見えるので、もったいないですよね」(20代・女性)


関連記事:「やる気消えたよ…」 仕事のやる気がなくなった、上司からの一言3つ

②自分で決断させてくれる

「今の会社の上司は、仕事の決断を自分でさせてくれるので助かっています。新人のころから、『これはどう思う?』『この場合はどうかな?』って、私に考えさせる癖を付けてくれたんだと思います。


大きなミスに繋がりそうなときは、ちゃんと指摘して気づかせてくれました。そのおかげで、自分で考えて仕事をする楽しさを覚えられた気がします!


もし、なにからなにまで上司が決めて、決められた作業を手伝うのみだったら、早々に働くことに飽きていたかもしれないです。仕事を任せてもらえることで、信用されていると思えるので、やる気も出てくるんですよね」(20代・女性)

続きを読む ③「見て覚えろ」をしない

おすすめ記事