封鎖された町に絶滅動物が!? 警察も思わずニッコリ

スペインに絶滅したはずのアレが出現!?

恐竜の足跡
(Tanes Ngamsom/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、スペインにて首相のペドロ・サンチェスさんが国境を15日間封鎖、不要不急の外出を控えるよう要請してから数日、スペインの街に絶滅したはずの「動物」が現れました。


■まさかの恐竜…?

スペイン・ムルシアの警察署が3月17日、公式ツイッターアカウントにて「ペットのお散歩はOKですが…」と投稿したのは、誰もいない街を歩く恐竜・ティラノサウルスの動画。

BGMが映画『ジュラシックパーク』の主題歌に設定された映像では、恐竜の着ぐるみを着用した住民が警察に注意され家路を急ぐ姿を見ることが出来ました。この方は一体何をしようとしていたのでしょうか。


関連記事:新型コロナウイルス 外出禁止を無視した人に対する各国の対応は…

■防護服がわりに着ぐるみ

警察に対し、恐竜の着ぐるみを着た住民は何かを説明。事情聴取にあたった警察もどこか笑いをこらえており、この男性はすぐに釈放されたようです。

なんでも新型コロナを警戒するあまり、この着ぐるみを防護服として選んだそうで実は家の下にゴミを捨てに来ただけだということが後にわかりました。

動画内では尻尾がゆらゆら揺れており、その姿がなんともキュート。ネットでは16万以上のいいね! がつけられる程大きな話題となっています。


■ユーモアは忘れない

警察署の公式ツイッターは「現在非常事態宣言が出されていますが、お家付近でペットを連れた散歩は禁止されていません。ですがティラノサウルスは許可されるペットのリストに入っていないので、おとなしくお家にいてください」とお茶目なコメントを公開。

リプライ欄には、「ティラノくんが警察と何を話したのか気になるww」「めっちゃ笑いこらえてるじゃんw」といった歓声が殺到しました。着ぐるみの尻尾が地面に触れていることから「汚いから切ったほうがいいぞ」とアドバイスするユーザーも続出しています。ほっこり。

それにしても、たとえそれが着ぐるみであったとしても、道端でいきなりティラノサウルスを見た暁には思わず叫び声をあげてしまいそうですね。

※ジワる動画はコチラから!

・合わせて読みたい→中国の新型コロナ「新規感染者0」の発表に疑問の声 自国民も信用せず…

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事