バンド「Aqua Timez」が話題のアニメ化でトレンド入り 「復活して!」

2018年に解散した人気バンド『Aqua Timez』がSNSにトレンド入り。なぜ今話題になったのでしょうか?

BLEACH
(©集英社)

SNSで、人気バンド『Aqua Timez』がトレンド入りして話題になっています。2018年に解散したあと、とくに話題はなかったはず。

なぜ今トレンド入りしたのでしょうか?


■トレンドしたのは?

その理由は、人気漫画『BLEACH』(久保帯人/集英社)の続編アニメ化の発表によるものだそう。

バンドは同作の主題歌を多数担当していたため、今回も主題歌を担当してほしいという意見が高まっているようです。

ネット上では「期間限定でいいから結成しないかな」「BLEACHといえばAqua Timez」「Aqua Timezトレンド入っていて嬉しい…」「復活してくれ!」など、再結成を願うコメントも! 当時の人気を考えると、今でも聞いている人は多いのかもしれませんね。

アニメ化の詳細は、21日に発表されるとの噂もあり、ファンは待ちきれない様子。


関連記事:野田洋次郎&あいみょんの仲良しショットに反響 「カップルじゃん!」

■タイアップ多数

バンドの人気に火がついたのは、2006年に公開されたアニメ映画『ブレイブストーリー』の主題歌『決意の朝に』。優しくて力強いメロディーに、聞き手の心にダイレクトに入ってくる素直な歌詞が、多くの人に指示されました。

一躍人気バンドとなり、同年公開の映画『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』などのタイアップとなった『千の夜をこえて』や、2012年まで放送されたアニメ『BLEACH』(テレビ東京系)のオープニング曲『ALONES』『Velonica』などが大ヒット。

その他、アニメやドラマでのタイアップもあり、子供から大人まで認知されていたバンドでした。


■惜しまれつつも解散

2018年「Aqua Timez」は、メンバー全員で何度も話し合い「燃え尽きた」「もうやりきった」ということで、解散という結論に至ったそうです。

ヴォーカルだった太志さんは現在『Little Parade』という音楽プロジェクトで精力的に活動中。

多くの人の心を救い、勇気付けたであろうAqua Timez。復活を願いつつ、久しぶりに楽曲を聴いてみるのもいいですね。


・合わせて読みたい→アクアパーク品川のハロウィンがすごい! ポップで可愛すぎる空間に

(文/fumumu編集部・五代桜子

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事