話し合いにならない! 話を遮る人との上手な接し方

話を遮って意見を聞いてくれない人に、どう接すればいいのでしょうか?

説得する女性
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

話している最中に、「いやいやそれは…」と会話を遮られた経験はありませんか? 話し合いをしたいのに、一方的にまくし立てられると、話が前に進みませんよね。

fumumu取材班が、話を遮る人との上手な接し方を聞いてきました。


①遮り返さない

「会社の上司が、いつも人の話を遮って主張してくる人なんです。すごくイラっとするけど、対抗してこちらも話を遮ってしまうのは、逆効果になるので我慢しています。


遮られたことがムカつくのか、相手がヒートアップしてしまうんですよね。度が過ぎると、お互いに自分の主張を押し通したくて、声がどんどん大きくなっていくんです。


そうなってしまうと、ただの喧嘩ですから。話を遮られても、相手の話が終わるまで一旦待ったほうが、平和に話し合いができると思います」(20代・女性)


関連記事:「どうして怒鳴るの…」 いちいち声を荒げる上司への上手な対処法

②「話していい?」

「相手の言い分ばかりで、こちらの意見をなにも話せていないときは、『わかった、私も話していい?』と一言添えます。


そう言うと、相手も話を聞いていなかったと気がついてくれるんですよね。許可を取ることで、相手も聞く姿勢になるんです。


それでも遮ってきたら、『こちらの話を聞いてくれないと、話し合いにならないよ』と伝えます。感情的に伝えると相手も喧嘩腰になってしまうので、あくまで冷静に伝えたほうがいいですよ」(20代・女性)


③文章で伝える

「毎回話し合いにならない人には、最終的には文章で伝えます。文章でやり取りすることで、感情的にならずに話し合いができるんですよ。


直接話すと喧嘩にしかならなかった人が、LINEで話し合いをしたときは、すごく冷静に話が進んだことがありました。


やり取りは文字として残るので、自分が支離滅裂なことを言っていることが、客観的にわかるんじゃないでしょうか。言った、言ってない論争になることもないので、おすすめです」(20代・女性)

遮られたことにイラっとして、「いやいや、だから!」と言葉を被せてしまうと、ただの喧嘩になってしまいます。

遮られてムカついたときは、聞く意識をスンっと停止させて、口をはさむ隙を伺うのもおすすめですよ。

・合わせて読みたい→「俺だって泣きたいよ」傷ついて号泣して…彼のとった最悪な態度

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事