恋人が誘拐されるも犯人は「本人」? 最低な理由に傷心

落ち込む男性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

もし恋人が誘拐されてしまったら…考えるだけでパニックになってしまうような事案が中国で発生。しかし、この誘拐劇の犯人が予想外すぎたと、被害者が悲しみに暮れています。


■結婚の約束をしたのに失踪

現地メディアの報道によると、この事件に振り回されたのは苗字を「林」という男性。林さんは仕事の関係で知り合った恋人と良好な関係を築いていました。彼女にバツがついていても気にすることなく、結婚の約束もしていたそうです。

今年のお正月には彼女を実家に招いた際「僕の実家は決して裕福じゃないけど、それでも結婚してくれるかい?」と聞いたところ「私も農村出身だから、そんなの気にしないよ」と笑顔で応答され、幸せな日々を送っていた様子。

しかし、実家から帰った数日後に彼女は突然失踪してしまいます。


関連記事:星野源、バレンタインチョコをもらった反応が話題 今、投稿したワケは…

■犯人は元夫?

そして、数日後に本人から「助けて、元夫に誘拐された」という電話がかかってきたきり連絡が途絶えてしまったことで、パニックになってしまった彼はついに警察を呼ぶことに。

その間にも、元夫と名乗る者から「お前の女は預かった」「お腹の子供と一緒に殺してやる」「警察に通報したらこいつらは死ぬ」といった複数のメッセージが届いていました。

次ページ ■この誘拐劇、なんと自作自演

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事