「やりたいことが見つからない…」 夢を見つけるにはどうすればいい?

夢が見つからなくて焦っている人のために、夢の探し方を聞いてきました。

考える女性
(Chinnapong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分が夢中になることが見つからずに、悩んでいる人は多いようです。自分の夢はこれだ! と言えるものを見つけるには、どうしたらいいのでしょうか?

fumumu取材班が、夢を見つけるためのコツを聞いてきました。


①考えずにやってみる

「自分が本当にやりたいことか考えずに、まずはやってみるべきだと思います。自分に向いているかは、試してみないとわからないですから。


やってみて全然楽しくなければ、やめてしまえばいいんですよ。一度始めたらやめられないと自分を追い込むから、新しいことを始めるときにプレッシャーを感じるんじゃないでしょうか。


興味があることは手当たり次第やってみるほうが、自分が楽しいと思うことが見つかりやすいと思います」(20代・男性)


関連記事:「自分らしさ」ってどう探すの? 自分自身を見つける3つの方法

②「夢」を崇高化しない

「『夢』と聞くと、すごく崇高でブレないものに聞こえるけど…。自分がやりたいと思うことであれば、すべて夢だと言っていいと思うんですよね。


自分の夢がわからなくて悩む人は、夢を漠然とした大きなものとして捉えているんじゃないでしょうか。夢を崇高化しなければ、意外と簡単に見つかる気がします。


小さなことに感じても、自分がやりたいと思うことなら、それが夢になるんだと思いますよ」(20代・女性)


③諦めたことに目を向ける

「過去に諦めたものがあるなら、それに対してもう一度目を向けるべきだと思います。小さいころの夢とか、諦めた仕事とか。


諦めたもの以外に夢を探そうとしても、過去に気持ちが引きずられて、他に興味が持てない場合もありますよね。できる、できないで夢を決めてしまうと、結局やる気が出てこなくて、物事に夢中になれないまま終わる気がします。


なにかやりたいと思うことがあるなら、できるかわからなくても、挑戦したほうが後悔しないと思います」(20代・女性)

夢を「大きい」「小さい」で判断してしまうと、本当にやりたいことが見えなくなってしまうかもしれません。

少しでも興味があることがあるなら、周りの反応は気にせずに、思い切ってチャレンジしてみてくださいね。

・合わせて読みたい→誰かと比較するのをやめるには? 「人と比べない人」の3つの特徴

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事