もう冷めたけれど情が…別れたくてもいい出せない男子の特徴

別れ話を自分からしない男子の見分け方とは?

悩む男性
(chachamal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性は、情があるために、別れたくても別れを言い出せないことが多々あるそうです。彼女から振ってくれるのを待っている…なんてことも。

そんな時は、お互いのために別れてしまった方が良いかもしれませんね…。そこで、fumumu取材班は、別れたくても別れを言い出せていない男子の特徴を聞いてみました。


①気持ちを取り戻したい

恋愛感情はなくなっても、大切な相手には違いないからこそ期待してしまうのかも…

「長く付き合った彼女に、なかなか別れを切り出せない職場の後輩の背中を押してあげました。僕も経験者だったので理解できたのですが、冷めた気持ちを取り戻すことはもはや不可能だと考えています。


付き合っていると偽善にもなってしまうので、その気持ちを知った彼女はプライドも傷つけられることでしょう。恋愛感情がないのに、結婚までいってしまうと大変です。


『いつか気持ちを取り戻すかも』なんてズルズルいっても良いことはないので、迷いがある時は、誰かから背中を押してもらうのも良いかもしれません」(30代・男性)


関連記事:付き合いが長くて情もあるけど「別れたい」 どう区切りをつける?

②将来の話をしない

別れたくても言い出せないから、惰性で一緒にいる男子はこんな態度をとっているんだとか。

「長く付き合った彼女には恋愛感情はなくなっても情があり、なかなか別れ話を自分からすることはできません。彼女に泣かれたら決心も揺らぐだろうし、慰めているうちに情なのか愛情なのか、わからなくなるからです。


でもやっぱり恋愛感情はないので、一緒にいても冷めています。そのため、将来の話はしないようにしています」(20代・男性)


③優柔不断

「今別れたら、もう彼女ができないかも…」など、様々な考えが渦巻いてしまう人もいるようです…

「彼女とは好きな気持ちは冷めていますが、情で長く付き合っています。そろそろ別れたいなと思っても、次に恋愛ができるのか、別れた後の彼女のことも考えると迷ってしまいます。


僕は自身優柔不断であり、決めきれない性格。優柔不断だと彼女との別れ際も決めづらいと思います」(20代女性)


修復不可能な状況に来ても付き合い続けているのは、お互いにとって良くないことですよね。はっきり言って欲しいと思うところではありますが、察してあげるのも優しさかも…。

・合わせて読みたい→恋愛感情がない「アセクシャル」 恋人と関係を続ける原動力は?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事