報われないのになんで? セカンド女子になってしまう人の理由や心理

セカンド女子になる人の特徴とは?

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どうしても好きな人と一緒に過ごす時間が欲しくて、セカンド女子を懇願してしまう人もいます。

なぜ、セカンドでも良いと思ってしまうのでしょうか…。fumumu取材班は、理由を聞いてみました。


①嫌われるのが怖くて

嫌われた時の反動を最小限に抑えようとした結果…

「報われない恋だと潜在的にわかっていても、ダイブしてしまう私。自分ではどうしてだろうと思っていたのですが、友達いわく『一番になってしまうと嫌われた時の反動が怖いからだよ』とのこと。目からウロコでした。


過去、大失恋をしてしまい、それがトラウマになっていたんですね。時間経過が恋のキズも癒やすことを信じ、前向きにファースト女子となれるよう頑張ります」(10代・女性)


関連記事:実は…セカンドにされていた? 発覚した瞬間のエピソード

②いつか本命に

セカンド女子になってしまうのは、そこに少しでも希望を見出しているからなのかもしれません。現実はなかなかうまくはいかないのですが…

「いつか本命になれると信じて、セカンド女子になってしまったことがあります。好きだった男性に『本命とはうまくいっていない』と言われ、これは今二番手になっておけばそのあと昇格できる可能性が高い、と思ったんです。


ところが待っても待ってもセカンドと言う名のセフレ扱いでした。本命とうまくいっていないというのも嘘だったようで、騙されました」(20代・女性)


③さみしがり屋

なぜか好きになった人のセカンドになってしまうことが多く、今までたくさん泣いて辛い想いをしてきたという女子は…

「私は好きな人の本命ではなくセカンドになってしまうことが多いです。カッコよくて、素敵な男性で…こんな人と付き合えるなんてと舞い上がり、気づいたら本命彼女からセカンドに転落しているんです。


彼に振られるよりマシ…と、一人ではいられない寂しがり屋であることも、原因として大きいと思います」(20代・女性)


セカンドになってしまう女子の多くの原因は、心理的な面にあるのかも…。

・合わせて読みたい→「私ってキープされてるの?」 男性がセカンドにする言動

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事