同年代で結婚しないの? アラフォーの婚活成功率が低い理由

アラフォーの婚活の成功率が低い理由とは?

パーティー
(JackF/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アラフォーになると、婚活の成功率がぐんと落ちると言われています。婚活パーティには、40代、50代限定のものもあるようですが…。

なぜうまくマッチしなくなるのでしょうか。fumumu取材班は、理由を聞いてみました。


①理想が高いかも

素敵な人と結婚したいのは男性も女性も同じだからこそ?

「私の友達に数人ほど、アラフォーで婚活に苦戦している子達がいます。


そんな中でも婚活に成功した男性は『やっぱり、良くも悪くも自分にあった相手と結婚するものだね』と。なかなか出会いがない人は、もしかしたら理想が高いのかも…と言っていました」(30代・女性)


関連記事:婚活女子から理想の相手を聞いて…「高望みしすぎ…」と引いたエピソード

②プライドや意地が…

自分で出会いの可能性を狭めてしまっている女性は多いんだとか。素直になってみると、案外出会いはすぐ近くにあるのかもしれません。

「年齢が高くなってくると『ここまで結婚をしなかったんだから、妥協はしたくない』と思って、ますます理想が高くなりがちだと思います。


でも、婚活市場で“優良物件”と呼ばれるような同年代の男性は、既に結婚している人ばかり。プライドも大事ですが、変な意地は捨てて、条件ばかりでなく純粋に人として惹かれる人を求めて婚活をすれば、出会うのは決して難しくないはずです」(40代・女性)


③内面を見なくなる人も

結婚することを意識するあまり、つい条件にしか目がいかなくなることもあるようです。

「30代後半になってから婚活を始めましたが、1年経っても全くマッチングせず、良い人が現れませんでした。結婚している友人に相談すると、相手のことを結婚条件だけで見過ぎと言われました。


確かに年収や職業などばかりを気にしていて、その人の内面を見ていなかったのです。結婚の条件も年齢と共に厳しくなり、マッチングする相手が現れない状況。


そこで、男性の内面にも目を向けるように。すると、趣味の合う素敵な男性と出会うことができ、婚活をはじめて3年で結婚しました。恋愛は自然に結婚に話が行くことがあるけれど、婚活って先に結婚があるから、惑わされてしまうのかも」(40代・女性)


一度見直して婚活に臨めば、うまく行くこともあるかもしれません。

・合わせて読みたい→結婚相手を見つけるために…婚活で女子が捨てたもの3つ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事