SODが作品を無料公開でサーバーダウン 紗倉まな「抵抗があるのは事実」

SODが約200作品を無料公開し、サーバーダウンの事態に。

紗倉まな

13日、「SOD(ソフト・オン・デマンド)」約200作品を無料で視聴できる「自宅待機を応援!! 0円でご利用キャンペーン」を開始しました。

アクセスが殺到し、サーバーが安定しない事態が起こり、話題となっています。


■SODのサーバーが不安定に

新型コロナウイルスにより、自宅で生活する人が増えたことを受け、企画モノに強く個性的なアダルト作品をこれまで出してきた「SOD」では約200作品のAVを3月31日まで限定で無料配信。

ツイッターでは、「SODは応援します。拡散しまくっていただき、 みんなで乗り越えよう」と呼びかけました。

しかし告知後、アクセスが殺到しサーバーダウン。公式アカウントで、「復旧作業、サーバー増強を実施しておりますが、 本当に有難いことではあるのですが、アクセス数がまだまだ増え続けており、サイト表示が安定しておりません。 本当に申し訳ございません」と対応はしているものの、不安定であることを明かしました。


関連記事:TENGA広報・SOD女性社員が明かす「女性の性」にスピードワゴンも驚愕

■些かな平和を感じております

一連を受けて、世間では「エロは最後までなくならない産業」「さらに、ティッシュ品薄になりそう」「現場は大変な状況かと思われますが、なぜかこの事象に些かな平和を感じております」など、アダルト業界の強さを改めて感じる反応が寄せられました。

また、「復旧がんばってください。VR動画やマジックミラー号もあり、かなり豪華! これでVR動画見まくるのもいいですね。 アクセスが殺到するのも納得のラインナップです」「SODがめちゃくちゃ焦らしてくる」と楽しみにする声も殺到しています。


■紗倉まな「無料で見られるのが…」

動画の無料公開を受けて、セクシー女優で小説家の紗倉まなさんは自身のツイッターで「『無料で観られるのが嫌って言ってたくせに!』というお言葉をいただきました」と報告。

「違法アップロードされた動画を観るのと、公式が無料で公開するのは違います」「無料が悪なのではなく、無料で観れるまでのアプローチに問題があるか否かという話です。ご理解いただけたら…」と、その違いに苦言を呈しました。

また、「本音として、自分の作品を無料で観られてしまうこと自体に抵抗があるのは事実ですし、今後も作品を無料で提供していこうと思っているわけでは一切ない」と訴えながらも、「今回はあくまでも一時的な、明るい話題がない中での前向きなキャンペーンであることをわかっていただけたら嬉しいなと..」と、心情を吐露しました。

アダルトコンテンツが無料で公開されることには、賛否両論あるでしょう。しかし、今回のサーバーダウンの報告を受け、多くの人にとって必要なコンテンツであることが垣間見えた気がします。

・合わせて読みたい→村西とおる氏、イベント降板問題に苦言 「反社会的な仕事ですか?」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事