「こんな彼女はもう嫌だ」 彼女が取った最悪だった行動とは?

もう無理だと思われてしまう彼女の行動とは?

困る男性
(kuppa_rock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性は別れを決めてからの意思が固い傾向にあります。だから、「こんな彼女はもう嫌だ」と思われたら、恋愛関係が崩れるのは一瞬かも。

fumumu取材班は、具体的に彼女がとったら嫌な行動を聞いてみました。


①プライバシーを詮索

入れたくないテリトリーに踏み込まれるのは、いかなることがあっても無理だそう。

「彼女はとにかく、なにもかもを自分の意のままにしなくちゃ気が済まないタイプでした。


一番癇に障ったのは、僕の女友達の電話番号を消したこと。浮気などしていなかったのに、僕に確認することもなく削除され、もう嫌だと思いましたね。スマホを勝手に見る、いじる、これは絶対にNGです」(10代・男性)


関連記事:友達に依存してない? 相手がドン引きするやりすぎ行動

②ひたすら無視

怒ったときや気に入らないことがあったときこそ、お互い分かり合う努力が必要です。どちらか一人だけがどんなに頑張ってもだめなのですが…。

「元カノがとにかく怒りっぽい人でした。怒ったときのなにが嫌って無視されることです。なにを言っても、なにを聞いても無視されると、どうしようもない。ひどいときは8時間も無視され続けました。


あまりに続くと、だんだん自分の存在を否定されているような気持ちがしてきて、一緒にいるのが億劫になってきます。人としての最低のマナーは守ってほしいと思いました」(20代・男性)


③度を越して依存

依存して恋愛100%だった女性。彼氏に依存して連絡を送りまくっていた結果、「重い」と言われたそうです。

「彼のことが本当に大好きで、生活は恋愛一色になりました。彼との予定が全て優先で、彼が何をしているのか毎日知りたかったため、メッセージは一日約50件以上。彼から返信が来ないときは、さらに送るときもありました。


その結果、彼から『連絡がうざい、重い』と言われて別れを告げられました。好きだからといってしつこく連絡を取り、自分のことを投げ出して恋愛100%になってしまうのは避けた方が良いと学びました」(20代・女性)


彼氏の気持ちを汲まず、行き過ぎた行動をしないよう注意したいですね。

・合わせて読みたい→彼氏に依存している状態から抜け出したい…取り組みたい3つのこと

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事