付き合っている彼に嫌なことを言われ…気持ちを伝える方法は?

彼氏に嫌なことを言われたら、どんなふうに気持ちを伝える?

カップルの喧嘩
(Wavebreakmedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

心の距離が縮まると、彼がズケズケと嫌なことまで言ってくることがあるかもしれません。

fumumu取材班は、ツライと感じているときに、気持ちを伝える方法を聞いてみました。


①その日のうちに

その日のうちに、遅くても翌日中までに対処すれば全然OKだそう。

「彼氏にムッとすることを言われると、根に持ってしまいがちですよね。抱えておくとストレスにもなるので、その日のうちに、もしくは翌日中には嫌な思いをしたと、しっかり伝えることが理想。


直接言って喧嘩になるのが怖いなら『私はこういうことを言われたらちょっと傷つくから、できればわかってほしいな』と、相手をディスることなく伝えるんです。


不快な言い方にならないよう気をつければ、理解のある男性ならきちんとわかってくれますよ」(20代・男性)


関連記事:恋の駆け引きも…わざとやきもちを焼かせる人に起きた残念な結末

②反応をそのまま見せる

嫌なことを言われたら、人間は反射的に反応を起こすもの。それを隠してあれこれ伝えるよりは、ダイレクトに反応を見せてしまうのも効果的なんだとか。

「彼氏にコンプレックスを何度も指摘されたときは、自然に涙が出てきてしまいました。泣くなんて悔しい、と思ったんですが、涙が止まりませんでした。でも言葉で言い返すより何倍も効果があったみたいです。


彼は、まさか私が泣くほど傷ついているとは思わなかったようで大慌てでした。伝え方をあれこれ悩むより、ショックを受けたありのままの姿を見せるのが効果的だと思います」(20代・女性)


③「自分だったらどう?」

街中で、彼氏に「あの子の方が可愛い」と言われてショックだった彼女は…。

「彼氏に『他の子の方がかわいい』と言われて大ショック。なんでわざわざそんなことを言うのか、悲しくて悔しかったです。


言われて嫌だったことを伝えないと気が済まなかったので、『もし他の人の方がカッコいい』と言われたらどう思う? と聞いたら、申し訳なさそうに『ごめん』と言ってくれました。


自分が言われて嫌なことは人には言わない。基本的なことを伝えたのが良かったみたいです」(20代・女性)


気持ちを伝えず我慢し続けていると、いつか爆発して取り返しがつかなくなる可能性もあります。

冷静に話し合えるうちから、嫌なものは嫌だと伝えられると良いですね。

・合わせて読みたい→「嫌な気持ちを引きずりがち…」 頭をリセットする方法はある?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事