気になる彼の好きなタイプとは真逆の自分…可能性はあるの?

好きなタイプと全然違う自分は脈なしなの?

眺める女性
(bowie15/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きな人が話しているタイプが、自分とは真逆のこともありますよね。それって脈なしなのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。


①持ってる魅力を大事に

不安になったときこそ、逆のアプローチが有効という女子の意見は…

「好きになった男性が、自分と性格と真逆な人だと、可能性があるか不安になってしまいますよね。そんな時は、相手に合わせず真逆のアプローチが効果的です。


コツは、自分のテリトリーに呼び寄せて、自身の魅力を伝えるようなアプローチをすることでしょうか。すると、『今まで付き合ってきた人と違うけれどアリかも』と、自分のほうになびかせられることも。これは引き寄せの法則の一種でもあります」(20代・女性)


関連記事:好きな人には「構ってちゃん」になりたい時も…どこまでなら大丈夫?

②本能的に惹かれて…

タイプはあくまでタイプであって、好きになるのに条件はありません。タイプと真逆だけど好きになっていた…なんてことはよくあるようです。

「もともと派手な女の子が好みだったのですが、今の彼女は真面目で清楚系。自分でもこんなタイプの子と付き合うなんてびっくりです。なんとなく頭で考えていた条件と、本能で惹かれる人って違うものですね。


正直、最初は好みと真逆すぎて眼中にありませんでした。でも一度話したらすごく面白くて惹かれるものがあったんです。気づくと人生でこんなに人を好きになるのは初めてってくらい好きになっていました」(20代・男性)


③嫌いに当てはまらなければ…

彼の「嫌い」に注目することが大事だそう。

「彼の好きなタイプは清楚系なので、派手でうるさい私に可能性は無いと思いました。でも、男友達いわくタイプと実際に付き合う人は違うとのこと。大切なのは実際に性格が合うかどうだそうです。


だから、彼が嫌いなタイプかどうかが大事ということ。幸い『うるさい人が嫌』というわけではなさそうだったので、アタックした結果付き合うことができました」(20代・女性)


告白する前から諦めてしまうのは、チャンスを逃すことにつながるかもしれません。

・合わせて読みたい→好きになった人はメンヘラ男子…振り回されない付き合い方は?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事