やさしい人だと思ったけれど…? 本音が見えなくて疲れる人の特徴

なかなか本心が見えない人の特徴を、fumumu取材班が聞いてきました。

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「いい人だとは思うけど、本心が分からない…」 いくら話しても本心が見えないことで、周りが不安に感じる場合もあるようです。

fumumu取材班が、本音が見えなくて疲れる人の特徴を聞いてきました。


①自分のことを話さない

「職場の先輩はとても優しいんですけど、何回一緒にご飯に行っても、自分のことをあまり話してくれないんです。誘えば『行く行く~』ってOKしてくれるし、嫌われてはいないと思うんですけど…。


いつも誰かの話を聞いているだけで、話を振っても『まぁ私のことはいいじゃん』ってスルーされてしまうんですよ。先輩のことが好きだから、色々話を聞きたいんだけどなと思って、少し寂しくなりますね。


本心では誘いをうっとうしいと思われているのかと、不安な気持ちにもなります。本当に言いたくない話題なら流していいんですけど、多少は自分のことも話してくれたほうが、仲よくなりやすいと思います」(20代・女性)


関連記事:褒めればいいってわけじゃない!? 人を不快にさせる褒め方3つ

②NOなのか分からない

「こちらが誘ったときに、YESなのかNOなのかハッキリ分からない人は、正直面倒だなと思ってしまいます。最初は乗り気なのに、予定が近づいてくると必ずキャンセルする人もいますよね。


誘っている側からすると、行きたい気持ちがないなら『興味ないからいいや~』と伝えてくれるほうが楽なんです。そう言ってくれれば、同じ内容でしつこく誘ってしまうこともなくなりますから。


誘いをすべて断られたら、人として嫌われているのかと察することもできるんですけど…。そういう人に限ってたまに遊びに参加したりするので、意図が分からないなと思ってしまいます」(20代・女性)


③いつも受け身

「いつでも受け身の人は、本心が見えなくてなかなか信頼できないです。表面上の会話だけだと、本音が分からなくて怖いんですよ。


くだけた会話を楽しんでくれる人のほうが、長く付き合っていきたいなと思います。職場でも、プライベートの話をまったくしてくれない人より、自分の話をしてくれる人のほうが仕事がしやすいですね。


プライベートでも、遊びに誘ったら来てくれるけど、そういえば自分は一回も誘われたことがない! と気がつくと、結構ショックなんですよ。誘いを断れないから遊んでくれるだけで、実は苦手と思われているのかも…と不安になります。


断られるのが怖くて誘えないという声も聞いたことがありますけど、その怖さを乗り越えてこっちは誘ってるので、たまには勇気を出してほしいです」(20代・女性)

本心をなかなか言えずに、相手が苦しんでいる場合もあるかもしれません。

焦って相手に踏み込むよりも、時間をかけて理解しあうことで、本心が見えてくることもありそうですね。

・合わせて読みたい→「恋愛に興味ない」と言っていたけど…付き合う気になった女性の特徴

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事