『King Gnu』東京公演中止に心情を吐露 「ゆっくりと狂ってきている…」

King Gnuの代々木ライブが中止に…。悲しむ声が相次いでいます。

井口理
(画像は 「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0」公式ツイッターより)

今月17、18日に予定していたロックバンド『King Gnu』の東京公演が中止になったことが、メンバーたちのSNS等で10日に発表されました。

そして、先月の29日に開催する予定だった福岡公園を5月5日に振り替えライブを行うことを発表。これらの発表を受け、メンバーやファンは複雑な想いを吐露しています。


■「コロナ許さん」

この決定に関して、メンバーの一人の常田大希さんは自身のSNSで次のような発言をしていました。「King Gnu 全アリーナ公演が中止…コロナ許さん」とコロナに怒り心頭の様子。

また、ドラマを担当する勢喜遊さんは自身のツイッターで「東京、涙の中止です!!福岡、怒りの振替決定です!!」「ぴえんandぷんforコロナ」とこちらもコロナに対して、複雑な感情を表しています。

そして、ボーカルの井口理さんは「何かがゆっくりと狂ってきているのを最近は感じます。みなさま静かな心を持って穏やかな日々を過ごしてください」と、冷静なメッセージを綴りました。

日々、悪化していくコロナが社会を及ぼす影響。この微妙で不穏な社会の雰囲気を井口さんは感じ取っているようです。


関連記事:エンタメ業界が声明 ジャニーズ事務所も賛同 「果たすべき役割を…」

■「許すまじ」「待ってます」

この発表を受け、ファンからはコロナへの怒りが爆発。「コロナ許すまじ」「やっつけてやりましょう!」と楽しみを奪ったコロナウィルスへの怒りは収まらないようです。

一方で、福岡での振替公演に「ずっと信じていた!」「ありがとうございます!」というファンも。公演が中止となり、落胆したファンは新たな生きる希望が生まれた様子。

そして今回、ライブが中止になってしまったファンからは「いつまでも待ってます!」「メンバーの皆さんも体調には気を付けてください!」とアツいエールが送られました。

ライブで盛り上がりたいけど、今はメンバーの体調と感染拡大を防止することが優先。辛い現実を受け止め、次の公演開催を信じる声がメンバーたちのSNSのコメント欄に殺到しました。


■ライブが中止に

12月に新しいアルバム『CEREMONY』をリリースし、テレビなどでも圧巻のパフォーマンスを披露してきたKing Gnu。ファンだけではなく、メンバーもライブを楽しみにしてきたはず。メンバーにとっても、今回の中止は苦渋の決断だったに違いありません。

「振り替え公演は可能な限りやるから待っとれ」と常田さん。今回の福岡公演の振替が決定したように、他の公演の振替を信じて待つしかありません。

1日でも早く、コロナウィルスの事態が収束して、ライブなどが思いっきり楽しめる日々が戻ってきてほしいですね!

・合わせて読みたい→西川貴教、ライブを控え困惑 「政府でちゃんと決めて」「無責任ッスよ…」

(文/fumumu編集部・吉田あやの

おすすめ記事