日向琴子のラブホテル現代紀行(19) 奈良『五條アイネ』

回転ベッド、貝殻お風呂にギラギラルーム! 奈良の昭和遺産ラブホテル!

cotocoラブホテル現代紀行TOP

ラブホテル評論家の日向琴子です。今回は、カップルにも女子会にもオススメ! 昭和ラブホ遺産を語るうえで絶対に外せない、奈良『五條アイネ』を紹介します。

画像をもっと見る

■怪しいイルミネーションの先に

怪しいイルミネーションをくぐって山道を登ると、丘の上にホテルがあります。

五條アイネ

駐車場にはムード歌謡が響いていて、一気にノスタルジックな非日常へひとっ飛び!


関連記事:日向琴子のラブホテル現代紀行(15) 大分県『アルファ1三川』

■まさに昭和の文化遺産

「昭和遺産ラブホテル」とは、昭和の時代に建てられた、独特な装飾や仕掛けが施された豪華なラブホテルのこと。

最近では、外国人や日本の若い層からも注目を浴びています。

円型のベッドが回転したり、ベッドが乗り物のように動いたり、壁や天井のライトが煌びやかにまたたいたり、江戸城風や王朝風の外観をしていたり…。

平成の現代では技巧的にもセンス的にも再現することが難しく、希少なラブホテルで、常に改装や廃業の危機にさらされているのです。

現存しているラブホテルで気になるお部屋がある人は、なるべく早く行ってくださいね!

次ページ ■ラジウム温泉でまったり

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事