ホワイトデーが原因で破局? 男子のやらかしエピソード

彼の態度によっては、ホワイトデーに破局なんていうことも…

(AaronAmat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性は記念日を重視する傾向があるため、いい加減なホワイトデーのお返しやデートをしてしまうと、喧嘩になることがあります。

ときには、大喧嘩の末に破局なんていうことも…。fumumu取材班は、やらかしエピソードを聞いてみました。


①プレゼントを延期

あまりに計画性のない人に出会ってしまい、ドン引きしてしまったそうです。

「ホワイトデーで彼に幻滅し、破局してしまいました。彼は、なんとホワイトデーのプレゼントを『今月は厳しかったから3ヶ月待ってほしい』という言ってきたのです。


それなのに、ブランド服を買い漁っていたのが発覚。それ以来、デートする気にもならずに音信不通にしちゃいました。男友達も私の意見に賛同してくれましたね」(20代・女性)


関連記事:使いにくいものは…ホワイトデーに欲しいものをカワイく要望する方法

②義理と一緒

モノで愛が計れるわけではありませんが、気遣いと愛情があればこんなことはしないはず…とショックを受けている模様…

「彼の職場用ホワイトデーのお返しを一緒に選んだのですが、当日、私にくれたものが職場用のお返しと一緒だったのでびっくり。


彼に聞くと『一つ多めに買っておいたんだ』とあっけらかんと言われました。気遣いのできない彼に怒りが湧きつつも、わたしもその他大勢と一緒なんだ…と思うとみじめで仕方がありませんでした」(20代・女性)


③スーパーのチョコ

仕事が忙しく、近くのショッピングセンターでありあわせのものを買ってしまった彼…

「私はバレンタインでは、何日も前から材料を集めてレシピを考えて、豪華なチョコレートを用意しました。仕事もあるので1週間くらいは徹夜です…。


なのに、彼は仕事が忙しく買うことができずにいたとかで、うちから歩いて3分くらいのスーパーに売っている詰め合わせのお菓子を買ってきたんです。


自分は頑張ったのにという気持ちもあり、大喧嘩になってしまいました。恋人のイベントをなんだと思っているのだと、悲しくなりました」(20代・男性)


気持ちを疑われるような、いい加減なお返しには気をつけたほうが良いかもしれませんね。

・合わせて読みたい→「コレはちょっとなぁ…」 バレンタインにもらって困ったモノ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事