SNSの恐怖! まるで乗り移ったかのように振る舞われ…

全くの他人からいわれのないことを言われ、誹謗中傷や炎上に発展することも…。

イラつく女性
(SIphotography/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSを使っていると、他人が発信している投稿をまるで自分のことのように考え、接してくる人いませんか? そのうちに、まるで乗り移ったかのように振る舞われ、一方的に誹謗中傷されたり炎上したりすることも…。

fumumu取材班が、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①個人的な婚活日記のはずが…

「備忘録も兼ねて、Twitterで個人的な婚活日記を綴っていました。同じような悩みを抱える女性と励まし合ったり情報交換をしたりすることもでき、楽しく運用していたのですが…。


突然、私の投稿に対して意見してきたフォロワー。私の行動がその人の思いと違ったらしく、『男を弄んでいる』『アバズレ女』など人格まで否定し出し、便乗した人たちによってTLが炎上しました。


怖くなったので対象者たちはブロックしたのですが、『気に入らない奴は即ブロック』『卑怯者』などのコメントが続いており、アカウント削除を検討しています」(20代・女性)


関連記事:SNSにコメントしたら「マウンティング!」と公開処刑された経験3つ

②不倫の悩みを綴っていたら…

「『会いたい時に限って会えない』『なんで離婚してくれないのかな』などとSNSで不倫の悩みを綴っていたら、まるで私に乗り移ったかの如くコメントしてきたフォロワー。『私も経験者ですが、あなたのような女性は一生幸せになれません』と言われたのをきっかけに、一気にTLが荒れました。


私は、レスポンスなんて求めていません。周囲に言えない悩みを吐き出す場が欲しかっただけなのに…めちゃ怖いんですけど」(20代・女性)


③ちょっと愚痴っただけなのに…

「SNSでちょっと愚痴っただけなのに、『あなたのような人が、まさかそんなことを言うなんて!』『想像していたのと違った』と、一方的に複数のフォロワーに責められ、怖くなりました。


友人でもなければ私のことを知っているはずもないのに、勝手に想像して失望して怒られるなんて恐ろしい」(30代・女性)


SNSでは、何がきっかけで誹謗中傷や炎上が始まるか分かりません。

被害に遭わないために、発言や運用には気をつけたいものですね。

・合わせて読みたい→フォローやめました! 女友達に嫌われる「匂わせSNS」5選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事