最近話題になりつつある「ジェンダーレス」ってどんなもの?

ジェンダーレスってそもそもどういうものなのでしょうか。

ジェンダーレス
(yacobchuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

橋本環奈さんの後輩である井手上漠さんの登場などから、ジェンダーレス男子が話題になりました。りゅうちぇるさんはジェンダーレスについて発信していますし、Mattさんも美肌のジェンダーレスとして有名ですよね。

ですが、そもそもジェンダーレスがどういうものか、いまいちわからない人も少なくないのではないでしょうか。そこで、fumumu取材班は、ジェンダーレスとはどういうものか聞いてみました。


①性差を無くしていこうという考え

「世間には、『男らしさ』『女らしさ』と言われるものがあります。例えば男なら青、女ならピンクといった固定観念や、男は格好良くあるべき、女は優しく慈愛に満ち溢れているべきというような考えです。


しかし、このような『男』『女』というステレオタイプを強要することは、多様性が求められる社会で適していません。そこで、『男女の性差を無くしていこう』という考えが生まれました」(20代・女性)


関連記事:守ってあげたい! ちょっと頼りないくらいの中性的な男子は好き?

②中性的な見た目

「あまり男性や女性という感じがしない人がジェンダーレスな人だと思います。例えば、モノトーンの格好は男性でも女性でもしますよね。ダボダボなパーカーもボディラインが出にくいだけでなく、男性でも女性でも着るアイテムです。


こういうものを身につけていると、ジェンダーレスな感じが出やすいと思います。


また、男性ならあえてロングヘア、女性なら革ジャンを羽織っていかつい感じにするなど、あえてこれまで言われてきた性のイメージと逆のことをしても、ジェンダーレスな雰囲気が出がちです」(20代・女性)


③男性でもスキンケアにこだわる

「性を意識させない見た目に加えて、『メイクは女性のもの』という固定観念を壊すように、スキンケアを徹底している男性はジェンダーレスであることが多いのではないかと思います。


また、『多様性』がキーワードになってくるので、『自由な生き方、格好をしよう!』ということで、それに加えて、めちゃくちゃ派手な髪をしている人も一定数います」(20代・女性)


「男らしさ」「女らしさ」という固定観念を捨てた新しいスタイルと言えそうです。

・合わせて読みたい→多様性を認めつつある世の中で…注意したい「女性・男性らしさ」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事