世間の誤解? レズビアンとして生きてきて不快感を覚えること

レズビアンが困っている世間の誤解とは…

部屋にいる女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性のみを恋愛対象とするレズビアンですが、カミングアウトしても世間から誤解を受けることがあるようです。

fumumu取材班は、詳しく話を聞いてみました。


①男性にトラウマがあるわけじゃない

「自分がレズビアンであることをカミングアウトすると、『かわいそうに…』という目を向けられたり、ごくたまにそういうことを言われたりします。女性が女性を好きになるということを、とても特殊なことのように思っているみたいです。


過去に、男性にとても嫌な性的な嫌がらせをされたとか、恋愛でとてつもない体験をしたとか…。そういうことによって、私の恋愛観が歪んでしまったかのように捉えるみたいなんですね。


でも、中にはそういう子もいるかもしれませんが、ほとんどのレズビアンは男性にトラウマがあるわけではありませんし、たまたま恋愛対象が女性だっただけです」(20代・女性)


関連記事:こんな男とは結婚できない! 新型コロナで見えた「彼氏の嫌なところ」

②男性を知らないわけじゃない

「特に、たまたま女子校に行っていたレズビアンに多いかもしれませんね。『男を知らないから、そういうことを言うんだよ』のような反応をされます。そして、余計なお節介だと感じるのですが、『一度男性と付き合ってみなよ』と善意で進められることがあります。


でも、別に男性を知らないから、男性を好きにならない…というわけじゃないんですよね。特に、SNSなどをみていると、LGBTをあまり知らない年齢の高い男性は『一度、性的なことをしたら男の良さがわかる』と本気で思っていることがあるようで、ちょっと引いてしまいます」(20代・女性)


③押せばどうにかなるわけじゃない

「街中のナンパでびっくりしてしまったことがあります。あまりに男性がしつこいので、自分がレズビアンであることを仕方なくカミングアウトしたんですね。


でも、相手は別に私が嘘をついていると思っているわけではなく、本当にレズビアンだと受け止めたっぽいのに、それでも押せばチャンスがあると思っていたみたいで、“恋愛指向”のことわかっているのかな…とモヤモヤしました」(20代・女性)


思い込みによる決めつけには気をつけたいですね…。

・合わせて読みたい→ファミチキが100円! 期間限定の神サービスに喜びの声続出

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事