仕事終わりに食べるアイスが…ささやかな幸せを感じる瞬間とは

ささやかな幸せを感じる瞬間を、大切にしていきたいものです。どのようなときに、小さな幸せを感じるのでしょうか。

リラックス
(Alina Rosanova/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

小さな幸せの積み重ねが、生きていく糧になります。人々はどのようなことで、小さな幸せを感じているのでしょうか。


画像をもっと見る

■「今の自分は幸せだと思う」半数超え

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、今の自分は幸せだと思うか、調査を実施しました。

今の自分は幸せだと思うグラフ

「幸せだと思う」と答えた人は、全体で53.2%でした。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっています。

今の自分は幸せだと思う性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、ささやかな幸せを感じる瞬間について話を聞きました。


関連記事:恋愛中の女性が「私って愛されてるなぁ…」と実感した瞬間

①仕事帰りに食べるアイス

「仕事がバタバタと忙しかった日には、家までの帰り道にあるコンビニでアイスを買うのが定番になっています。疲れた体に甘くて冷たいアイスが染み渡り、とても幸せを感じるんです。


本当にとても些細なことですが、自分にとってはアイスを食べるために仕事をがんばっているところもあるくらい。ただこれを続けていると、確実に太っていくでしょうけどね」(20代・女性)

次ページ ②立ち仕事から座るとき

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事