友達と好きな人が被った…抜け駆けと思わせずにアタックする方法

友達と好きな人がかぶるととても気まずいけれど、どうしたらいい?

悩む女性
(SIphotography/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

友達と好きな人が被った時、アプローチするにしても、罪悪感を持つことがありますよね。「抜け駆けした」「好きだと知っているくせに」と責められることもあるのではないでしょうか。

fumumu取材班は、抜け駆けだと思われない方法を聞いてみました。


①どちらかを選ぶ覚悟

「二兎を追う者は一兎をも得ず」というのは本当だと自覚したそうです。

「ドロドロの三角関係をさけるには、ライバルに隠れて作戦を画策しないこと。敢えて正面から宣戦布告して、お互い頑張ろうねという形にしたほうが後々もめないですみます。


もう1つは、アプローチ回数を減らして、彼からのアタックをうながすこと。


ただし、友情もしくは愛のどちらかは失うことになります。それでも貫きたいのなら、愛を選ぶのも良いでしょう」(20代・女性)


関連記事:アタックしすぎ…男子が「しつこくてうざい」と思ってしまう行動

②“自然”に“オリジナル”で

好きな人が被ると悩みますよね。意識しすぎず、険悪にもならずに彼にアタックするのに気を付けるべきことは…?

「友達と好きな人が被ったことがありますが、正攻法でアタックしました。アプローチがこそこそせずに、かといって見せつけるわけでもなく、“自然に”を意識して行い、告白も私からしたことを友達に告げました。


アタックの方法は友達の真似と思われたりしないように、オリジナルを意識するようにしました」(20代・女性)


③目の前で攻めない

友人を裏切らないよう、メールでのやり取りを徹底したそうです。

「私が気になった彼はかっこよくて優しいので、女子にモテていました。アプローチしようと思っていたら友人も彼のことを好きであることが分かったのです。


友人のことを裏切りたくなかったので、彼とはメールでやり取り。徐々に距離を縮めてお付き合いに至りました。


友人はショックを受けてはいましたが、露骨に目の前で良い感じになられるより良かったそうです」(20代・女性)


友達も自分も選ばれない可能性が大いにありますし、正々堂々とできたらいいですよね。

・合わせて読みたい→超王道だから強い! 彼を振り向かせるためのアタック方法3つ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事