婚活で運命の相手を探す際に気をつけた方がいいこととは?

婚活相手を探す際に注意したいこととは?

人見知り
(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最近は、仕事で忙しい人や出会いの少ない環境の人など、様々な人が婚活サービスを利用するようになっていますよね。時間の無駄にならないよう、良い相手を探したいものです。

そこで、fumumu取材班は、婚活で気をつけたいことを聞いてみました。


①プロフの嘘を見抜く

なんども婚活市場で闘ってきたからこそ分かることがあるそうです。

「私は幾度となく敗戦したうえで無事結婚を果たすことができました。上手くいかなかった時期の失敗は、相手方のプロフィールのみを盲信してしまったところ。


実際に蓋を開けてみると、年収にウソをついていることが多かったですね。対処としては、会社の名刺を見せてもらうのが効果的。ウソならば、かたくなに拒む傾向があるのです。


見極めを上手くできるようになると、婚活戦線も上手く勝ち抜いていくことができますよ」(30代・女性)


関連記事:同年代で結婚しないの? アラフォーの婚活成功率が低い理由

②優柔不断な男に注意

普段は優柔不断でもいいけど、決めるところは決めてほしい。たまにはリードしてほしいと思うのが乙女心…それを分かっていない男は要注意?

「条件的には全てクリアしていてよかったのですが、なにをするにも全て私まかせの男性がいました。デートをするにも時間も場所もなにも決めてくれないんです。


最初は異性に慣れていないのかな…と思って、私も頑張ってみましたが変わらぬまま。たまにはリードしてほしいのに、と思って結婚するには至りませんでした」(30代・女性)


③職業や友人関係を調べる

相手が周りの友人と接点が無い人だからこそ気をつけることがあるそうです。

「婚活で一人の男性と気が合い、おつきあいできそうな状況に。そんなときはすぐにがっつくのではなく、彼の職業や友人関係を調べておくことが大切です。


フリーターだったり、友人が全然いなかったりと、接点がないゆえに見えないこともあるかもしれません。私は婚活サイトを利用していたので、彼の情報をしっかり調べました」(30代・女性)


結婚できそうな相手がいた時に焦ってしまうのではなく、慎重に吟味していきたいところです。

・合わせて読みたい→婚活でいい出会いをするために…気をつけているポイント3つ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事