恋人であれば最高! でも結婚するのはやめた方がいい男性の特徴

恋愛対象として良くても、結婚対象として向いていない男性とは? 

疲れる女性
(SB/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

付き合っているうちは良くても、結婚はやめたほうが良いことがあります。恋愛対象と結婚対象は違うという意見は多いですよね。

そこで、fumumu取材班は、結婚はやめたほうが良い男性の特徴を聞いてみました。


①夢追い人はリスクが…

若い時は良くても、歳を重ねるにつれて気づく夢追いと実現性のある人の違い…

「恋人だと楽しくて最高、でももし結婚となると疑問符が出てしまう男性っていますよね。ハマりやすいのは圧倒的に10代・20代前半の頃。誰も普段は指摘しないから気づかずに沼に入っちゃう女子が多いんです。


多いのは、芸人やミュージシャンなどの、将来成功するかわからない男性。ズルズルと恋人関係だけ続いて未来の展望が見えないと判断できたら、早い段階で見切りをつけたほうが賢明だといえます」(30代・男性)


関連記事:共有財産だから? 結婚した瞬間に金遣いが荒くなる男子の特徴

②金遣いの荒い男

恋人の時は生活を共にしていないので、それでよかったかもしれません。でも所帯を持つとなるとそうはいかないようで…

「恋人のときはお金をかけたデートに連れて行ってくれたり、高級なコース料理をご馳走くれたりして、いい思いをたくさんさせてくれました。そのまま結婚しましたが、家庭を持つ身となっても金遣いは以前のまま。


子どもも生まれ私も専業主婦になったので、お金の使い方を考えて欲しいのですが、欲しいものや行きたいところに対して我慢はできないようで、家計に打撃が大きくて悩んでいます」(30代・女性)


③正社員になる気持ちが無い

男友達は恋人だったら最高だけど、結婚するのはやめておいた方が良いタイプ。その理由は生活が安定していないことにあるそうです。

「男友達は、男らしくて優しくて、女性の扱いにも慣れているので恋人だったら最高なタイプでした。時間があるので、いつでも駆けつけてくれます。


しかし、正社員になる気がないので、結婚をするのはやめておいた方が良いと思います。


生活が安定しているか、していないかは結婚において重要。いくら男らしくても家族を守ることができる力が必要なのです」(20代・女性)


お金や生活にまつわる安定性については、女性側でカバーできないと大きな不安要素になりますね。

・合わせて読みたい→なぜかいつも恋愛止まり…結婚ができない女性の特徴

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事

関連キーワード