「重い女子」と「メンヘラ女子」は微妙に違う? 詳しく話を聞いてみた

「重い女子」と「メンヘラ女子」の違い、男子はどう感じている?

待つ女性
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

重い女子とメンヘラ女子の違いってなんでしょう? そこで、fumumu取材班はなにが違うのか聞いてみました。


①卑下や罵倒するのは…

メンヘラ女子の相手は厳しくても、重い女子には嫌悪感がわかないという男性は…

「元彼女が『重い彼女』だったのですが、友人間で、メンヘラとどう違うのかという話に。


メンヘラというのは、問題が勃発し、喧嘩になったとき自分をとことん卑下したり、相手を罵倒してきたりします。一方、重い女子の場合は、自分を責めても彼に対しては文句を言うことが極端に少ないんですね。


ならば、重い女子は問題がないのかと言われるとそうでもありません。悲しませてしまうと、自分が何か悪いことをしてしまったかのように、こちらもネガティブ思考に陥ってしまいます」(20代・男性)


関連記事:足立梨花、トイレットペーパーの品薄に苦言 「学んだんじゃないの?」

②程度の差

共通項は多いようですが、微妙に違うところもあるようです。でも個人それぞれの感じ方の差が大きいのだとか。

「基本的には共通している部分が多いと思いますが、違うとすれば病的かどうかというところでしょうか。でもその程度の差も人それぞれだと思いますが。


束縛の仕方が、友達との行き先を詳しく教えてほしいというのは重いだけですが、遊びに行った先で写メールを何回も撮ってなどと要求されるのはメンヘラだな、と思います」(20代・男性)


③恋愛が絡むと…

重い女子とメンヘラ女子は性格が違っていたそうです。

「私には、重い女子とメンヘラ女子、両方の友人がいますが、似ているようで性格が違っていました。


重い女子は普段は気持ちの浮き沈みは少ないのに、恋愛をしたとたんに恋愛一色。彼に尽くす日々が始まり、彼の態度で一喜一憂します。


メンヘラ女子は恋愛などに関係なく普段から気持ちの浮き沈みが激しく、ちょっとしたことで落ち込んで気分が上がるまでにかなり時間がかかります。一緒にいて疲れるのはメンヘラ女子。恋愛をしていないときの違いで分かれます」(20代・女性)


感じ方は様々あるものの、微妙に程度や面倒がられてしまう際の条件、性格などが異なるようです。

・合わせて読みたい→ローソン限定のチョコミントアイス食べ比べ!  チョコミン党にはたまらない

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事