「身も心も全てあなたのもの」の心って具体的にどういうこと?

よく言われている「身も心も全てあなたのもの」の意味って…

(kieferpix/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛ドラマなどのセリフに「身も心もあなたのもの」というものがありますよね。なんだかロマンチックに感じますが、この「心」ってどういうことなのでしょうか。

fumumu取材班は、どうゆうことなのか聞いてみました。


①恋人しか見えない状態

若いとき限定で芽生える感情だそうで…

「10代のときの話ですが、当時付き合っていた恋人から『心も体もあなたのもの』と言われた経験がありました。好きすぎて、あなたしか見えない…ということだそう。


また、エッチも関係していたようです。なぜなら、彼女を抱いたあとにその言葉を言われたので。ですが、恋愛ってのは切ないもので、そんな彼女に結局飽きられて振られたんですけどね。甘酸っぱい記憶として残っています」(20代・男性)


関連記事:男子は誰とでもエッチできるってホント? 聞いてみた

②恋愛中心の生活

好きになると恋愛だけの生活になってしまう女性も確かにいますが…

「私の心も体も『全部俺のもの』と彼氏に言われました。大好きでしたが、心まで彼のものではないとモヤモヤ。この場合の心は、彼にのめり込み恋愛中心になることを意味していたので。


恋愛だけに集中するのではなく他のことも大切なので、仕事や趣味も頑張って自分磨きをしました」(20代・女性)


③彼以外興味がない

自分の心の中の恋愛という領域に、あなた以外の人間は入る余地なしということのようです。

「それは単純に、好きって気持ちが彼にしか向いていないということじゃないでしょうか。他の人とエッチしないし、他の人に浮ついたりすることがない=あなたのものってことだと思います。


彼以外に、恋愛対象として興味がある人間がいないっていうことでしょう」(20代・女性)


「あなたにしか興味がない」という意味であれば良いですが、ネガティブな意味合いを持っている場合もあるようです。

・合わせて読みたい→好きじゃなかったのに…男子が彼女と付き合うことにした理由

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事