彼女持ちや妻子持ちを好きになってつらい…諦める方法は?

今の恋心を諦めたい場合の方法とは?

泣く女性
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きになった相手に彼女がいたり、すでに奥さんがいたりする場合もありますよね。諦めなければいけない恋…どうしたらいいの? と悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで、fumumu取材班は、諦める方法を聞いてみました。


①現実的な視点を持つ

略奪恋愛は、彼女がいても他の人に惹かれてしまう男性との恋愛になるので、自分も同じ不幸に遭うことが多いようです。

「既婚者の年上男性にハマってしまい、泥沼になった友人に思い切って注意をしたことがあります。聞けば、その男性は友人以外にも手を出していてなんと三股状態。


友人は『一番になりたい…』としきりに言っていましたが、『略奪した場合はまた同じように略奪されてしまうよ』と、現実的な話から攻めて、なんども説得を試みました。


2ヶ月弱は説得し続けたでしょうか…恋の魔法が解けたようで、彼女はその既婚者男性を諦めました」(30代・男性)


関連記事:好きになったら歯止めが効かない? 身近に起きた略奪愛のその後

②自分に言い聞かせる

諦めるためいろいろ試行錯誤した自分を認めて褒めてあげるのがなにより大事なのかもしれません。

「既にパートナーや家庭を持っている人を好きになっても、その先に待っているのは不幸の場合が多いでしょう。なので他の人に目を向けるほうがいいでしょう。


世の中、星の数ほど人間は存在するのですから、叶わぬ相手に固執している時間はもったいないと自分で自分に言い聞かせました。出会いを求めて行動をし、そんな自分をたくさん褒めて時間が過ぎるのを待ちました」(30代・女性)


③恋愛なしでも楽しめる工夫

相手のことも考えて諦めることを選んだ女子は…

「私が好きになったのは社内の先輩で、妻子持ちでした。優しくて頼りのある先輩のことが大好きでしたが、相手のことを考えて諦める道を選ぶことに。


今までは恋愛が生活の大部分を占めていたので、そうならないように仕事や趣味でやっていたテニスに本腰を入れて一人でも充実した日々を送ることができるようにしました。


そうすると徐々に毎日が楽しくなり、さらにテニス仲間と良い関係になり、彼のことは忘れることができました」(20代・女性)


次は、彼女もちや妻子持ちではない人を好きになれたらいいですね。

・合わせて読みたい→略奪恋愛好き女子に「付け入る隙はない」と思わせる方法

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事