違うのに… 「自分はレズビアンかも」という誤解が生まれるワケ

同性愛だと誤解してしまうケースは…

考える女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世間では異性愛が当たり前だとされてきた背景があり、幼少期には同性愛の存在を知らないことが多いです。

そのため、同性愛のことなど考えたことがなく、当たり前に異性恋愛をしようとした結果、どこか違和感を覚えてそのうち自分が同性愛者だと気づくケースが少なくありません。

逆に「自分はレズビアンかもしれない」「バイセクシャルかもしれない」と思ったものの、同性が恋愛対象ではなかったケースも存在します。なぜこのような誤解が起こり得るのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。


①「女の子、可愛い!」

「高校生・大学生に特に多い気がしますが、『女の子、可愛い』っていう感情がある人もいますよね。特にかっこいい系の人に多いと思います。


もちろんレズビアンだったなんていう人もいると思いますが、可愛い=恋愛的に好きとは限らないので、その気持ちだけで同性愛者だと判断するのは早いと思います」(20代・女性)


関連記事:同性愛者の悩みあるある「好きな人は異性愛者」 彼らを落とす方は?

②ふわふわしたものが好き

「たまに、『男子ってゴツゴツしてるじゃん。女子はふわふわしてるからいいよね』なんて言っている人がいます。そういう子はだいたい、マカロンが好きだったり、もこもこパジャマが好きだったり、とにかく“可愛い”が詰め込まれていて女子力が高いです。


でも、ふわふわしたものが好きだから男子は嫌、ふわふわした女の子がいい、だから女の子と付き合うって違うんじゃないかと。レズビアンでたまたまそういうのがタイプな人もいますけれど、本能的な惹かれって、そういう自分の好みとぜんぜん違うものに否応無しに起こってしまうものだと思うので」(20代・女性)

続きを読む ③憧れと恋愛は違う?
  • 1
  • 2

おすすめ記事