狩野英孝、一般の65倍のアレルギー指数を受け…自信の改善法を伝授

かなり強いアレルギー体質の狩野英孝さんが、自身のアレルギー対策について説明しました。

狩野英孝

一般的なアレルギー指数の65倍であるという狩野英孝さん。4日に日々のアレルギー対策について、自信のユーチューブチャンネルで語りました。


■アレルギー指数11144…

一般の人のアレルギー数値が「約170」くらいだそうですが、狩野英孝さんは「11144」もあるのだそう。

「一般の人の約65倍‥そんな僕なりのアレルギー対策聞いて下さい。。」と悲壮感漂うインスタの投稿とともに、YouTubeのアレルギー対策動画を告知しました。


関連記事:動物アレルギーの恋人が家に来る…来訪が避けられないときの対策

■小銭などにもアレルギー反応…

「同じ悩みを持つ皆さんへ…」というタイトルのユーチューブでは、かなり強いアレルギー体質であること、アトピー性皮膚炎であることを改めて告白し、「アレルギーは孤独です」と悩みを共有できないことを明かしました。

ちなみに、狩野さんが持っているアレルギーは、スギ、ヒノキ、ハンノキ、オオガワガエリ…と続き、蛾、ゴキブリ、小銭(ニッケル)アレルギー、汗、鳩のフンなど変わったものも含め、「一部」と前置きをしつつ45種類も紹介されています。

米、小麦、蕎麦などの主食もアレルギーなので、食べるものはかなり限られそうです…。


■アレルギー対策

そんな狩野さんはアレルギー対策も慎重。基本的な対策として、自分のアレルギーを摂取しない、し過ぎないという自覚を持つためにアレルギー検査をして自分をよく知っておくことべきだと説明。

また、非常に肌がデリケートであるため、仕事や学校から帰ってきて明日お風呂に入ろうと思っても、その日にしっかり汚れなどを落として、スキンケアをするのが大事だと力説しました。

スキンケアも、化粧水で水分をしっかり入れて、乳液でしっかりと蓋をすることが大切とのこと。ステロイドは薬であるため、合う合わないあるかもしれないものの、狩野さんはかなり改善が見られたため、試してみるのも方法だとしています。

アレルギーによる肌荒れ等に悩んでいる人は、アレルギー指数の高い狩野さんの取り組みを試して見ても良いかもしれませんね。

・合わせて読みたい→避妊してくれない彼氏…どうエッチを断ればいい?

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事