結婚間近と思っていたのに… お部屋探しで分かる「彼氏の本気度」

同棲話が出ると、結婚を期待してしまいますよね。でも、男性にはその気が全くないことも。経験者たちに話を聞きました。

落ち込む女性
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚を誓った仲なのに、同棲話がなかなか進まないとモヤモヤしている女性は少なくありません。実際にお部屋探しをしてみると、彼の本気度が分かることも。

fumumu取材班が、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①物件に難癖を付けて断る

「『いい物件があったら教えてね』と彼氏に言われたので、早速、不動産屋さんに行って物件を見繕ってきました。でも、『間取りが使いにくそう』とか『日当たりが悪い』など、全部ダメ出しされてしまって。


『賃貸物件検索アプリなら登録物件数が多いから、絶対いいのが見つかるよ!』と誘っても、『写真写りがいいだけじゃない?』とか『賃料が高い』など、難癖を付けて断られてばかり


本音は、物件を見つけるつもりがないっぽい。もしかしたら、結婚できない理由があるのかもしれません」(20代・女性)


関連記事:彼と同棲する家を探したい! 物件選びをする際のポイント

②内見日時を合わせてくれない

「お目当ての物件をやっと見つけたのに、内見日時を合わせてくれない彼氏。『年度末で仕事が忙しいから、いつ時間ができるか分からない』と言ったきり、連絡も取れなくなってしまいました。


『結婚しよう』とか『早く一緒に暮らしたいね』と言っていたのは、その場しのぎの言い訳だったりして? 『結婚前提』を鵜呑みにして、何度も浮気を許した私って」(20代・女性)


③金欠で引越し資金がない!?

「物件の申し込み手続きをしようとした段階で、『俺、金欠で引越し資金がないんだけど』と、突然言い出した彼氏。お金がないなら、どうして同棲しようなんて言ったの?


もしかして、一緒に住んで私に養ってもらうつもりだったとか私、都合のいい女かも」(20代・女性)


これらのうち、一つでも当てはまったら、浮気されている、もしくは、何らかの嘘をつかれてる可能性があるだそう。

少しでもおかしいなと思った時は、お部屋を決める前に、関係を見直した方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→同棲カップルが借りて後悔! 失敗した部屋の間取り&成功例

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事