いろんな意味で… 思い出深いホワイトデーエピソード

律儀にお返しをくれるだけありがたいけど、もらうモノによっては複雑…。

夕日と女性
(splendens/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

明日はホワイトデー! いい思い出だったり、苦い思い出だったり、人によりいろんなホワイトデーのエピソードを持っているでしょう。

そこでfumumu取材班は、ホワイトデーの思い出を聞いてみました。


■渡し方になんか胸キュン♡

「仕事後、帰ろうとエレベーターを待っていたら、先輩がスーッと現れ、『あの、コレ…。大したものじゃないけど、ホワイトデーだからさ…』って、ちょっと恥ずかしそうにお菓子をくれて、なんかこっちまで照れた。帰宅中ずーっと脳内で先輩の恥ずかしそうな姿を思い出し、ニヤニヤが止まらず…。


ただ思ったのは、渡し方って大事だなと。渡し方次第では女子に意識されると思う」(20代・女性)


関連記事:女子に聞いた…ホワイトデーのお返しで愛を感じたエピソード

■彼ママの手作りクッキー…

「学生時代、ホワイトデーに当時付き合っていた彼氏から手作りクッキーをもらい『お菓子作れるんだね! かっこいい♡』と喜んだら『いや、昨日母さんが作ったんだ』って…。


一応、ありがとうだけど…あれ? マザコンかな? だったら市販のお菓子で良かったよ…? 彼ママの手作りクッキーとか、ちょっと食べづらいわ…」(20代・女性)


■ホワイトデー前に振られた

「昔、バレンタインにブランド物のネクタイをあげたらホワイトデー直前に『忙しいから』と謎な理由で突然振られた。で、翌月くらいに『元気してる?』と連絡がきて、飲みに誘われ、『もう一度やり直したい』と言われたが、もうセコさしか感じず、どうせ(私の)誕生日前にまた振られるのが分かったのでお断りをした。


もともとケチくさい性格の人だったけど、ここまでセコイことするんだ、とがっかり! 私利私欲まみれの男って、平気でこういう最低なこともできるんだね!」(30代・女性)


ホワイトデーに律儀にお返しをくれるだけありがたいものですが、彼ママの手作りとか…モノによっては複雑な心境になりますよね。口で「ありがとう!」と言っても、顔が引きつっていたら気持ちがバレるので、表情注意。

・合わせて読みたい→「バレンタインあげなきゃよかった…」 最悪だったホワイトデー

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事