好きすぎて泣いちゃった? 感極まる恋愛をした女子の経験

彼のことが好きすぎて泣いてしまう女子もいるようです…

ハート
(Anetlanda/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きなあまり、思わず嬉し涙や、感極まって涙を流してしまう女子もいるそうです。そこで、fumumu取材班は、そんな女性の恋愛経験を聞いてみました。


①風邪の時に有給まで使う彼

彼の想いに、涙が出るくらい嬉しい出来事が…

「泣くなら、悲しいことより嬉しいことで涙したいものですよね。あまり良い恋愛をしていなかった私も、最近嬉しい経験をしました。


デートの日に風邪を引いてしまったのですが、彼は、翌日に有給まで使って看病してくれました。


感極まって思わず泣いてしまいました」(20代・女性)


関連記事:まるで漫画…ロマンチストな彼との夢みたいな恋愛経験談

②特別な日の花束攻撃

サプライズに感激してしまう女子は多いもの。それが、彼との喧嘩の後なら、さらに思いが高ぶってしまうのかもれしません。

「喧嘩中だったため、誕生日は別々に過ごすことになるな…と落ち込んでいました。そしたら当日の午前0時にインターホンが鳴ったんです。


そこには、大きな花束を抱えた彼が立っていました。『ごめんね』の言葉と共に大きな花束をもらった瞬間、やっぱり彼が大好きだなぁという気持ちがあふれて泣いてしまいました」(20代・女性)


③優しすぎる彼は…

彼のことが好きすぎて、離れるだけでも寂しいと思うほどの恋愛。楽しすぎるデートの後に喪失感で思わず泣いてしまった人も…。

「彼は、優しくて私のことをいつも考えてくれていて、本当に大好きでした。ある日、日帰り旅行デートに。


いざ帰る時間になると、寂しくて離れたくないという気持ちが。そのまま大号泣してしまいました。


こんなにも彼のことが好きになっていたんだと改めてわかりました。その後もラブラブで過ごしています」(20代・女性)


こんな幸せな恋愛をしたいものです。

・合わせて読みたい→「今はもうそんな恋愛をしないなあ…」若かった頃の刺激的な恋愛経験

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事