まさか彼女が! マウンティング女子が本性を現した瞬間

ごく普通の会話をしていたはずなのに、「あれ… 何だかダメ出しされてる気がする」と感じる時、ありませんか?

落ち込む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

マウンティング女子の中には、分かりやすく自分の優位性をアピールするだけではなく、遠回しに見下してくる人もいます。

fumumu取材班が、マウンティング女子が本性を現した瞬間について、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①どこかで地雷を踏んだらしく…

「会話中、どこかで地雷を踏んでしまったらしく、私の発言に対して遠回しにダメ出ししてきたママ友。


別に議論や言い争いをしたいわけではなかったので、『家庭によって色々な考え方があるからね』とやんわりスルーしようとしたのですが…納得いかなかったのか、更に食い下がられて困ってしまいました。


いい人っぽく見えるけど、どうやらマウンティング気質がある様子。今後は発言に用心しようと思いました」(30代・女性)


関連記事:どうすれば逆恨みされない? マウンティング気質の人を上手に断る方法

②勘違いされてしまったみたいで…

「営業先で契約更新を断られました。次回の参考にするために『更新しなかった理由を教えて下さい』と担当者にお願いしたのですが、納得していないと勘違いされたのか、私の考え方自体を否定されるような発言をされて参ってしまいました。


恐らく、クライアントである自分の方が立場が上だと思っているのでしょう。人を見下すような態度には、心底ガッカリしてしまいました」(20代・女性)


③話を終わらせようとしたら炎上!

「友達と一緒に行った旅行先で、晩ご飯のお店を選んでいた時のことです。お互いに行きたいお店が違ったので、『それぞれが食べたいのを食べることにして、もうこの話は終わりにしない?』と言ったら、大炎上!


『なんで一緒に行ってくれないの!?』と、めちゃくちゃ友達が怒り出し、焦りました。


対等な友達だと思っていましたが、彼女は自分の方が立場が上だと思っていたのかもしれません」(20代・女性)


普段は常識的な振る舞いをしていても、マウンティング気質を秘めている人もいます。

被害に遭わないように、用心したいものですね。

・合わせて読みたい→関わると疲れる…めんどくさい「マウンティング女子」3選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事