カンニング竹山、紙製品や食料品の品薄に苦言 「デマだと言ってるのに…」

2日に放送された『AbemaPrime』では、コロナの影響でお店から消えていくトイレットペーパーについて議論を交わしました。

カンニング竹山
@AbemaTV

2日に放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)では、番組では、新型コロナウイルスの影響を受けて、トイレットペーパーやお米、生理用品までもがスーパーなどの売り場から消えていること事態を伝えました。

なぜこのようなことが起きているのか…スタジオでは議論しました。


画像をもっと見る

■消えるトイレットペーパー

先週SNSで発信された“トイレットペーパーとティッシュペーパーが品薄になりそう 製造元が中国です”との投稿が拡散。

カンニング竹山
(画像は『AbemaPrime』のスクリーンショット)

これを受け、製紙メーカー団体「日本家庭紙工業会」は「在庫は全国で3週間分以上あり生産も順調 落ち着いた行動を心がけてほしい」と声明を発表しました。

この情報はデマであること、充分な供給体制があることが報じられたにも関わらず、今現在、売り場からは紙製品が消えています。


関連記事:トイレットペーパーを12年分誤発注 「私はトイペクイーン」と自虐

■「なんで買うんですかね…」

また紙製品に留まらず、お米や食料品までもが棚からなくなる事態。スーパーマーケットの社員は「家で食べられる食品や飲料水がなくなるのでは…」との見解をみせています。

カンニング竹山さんは、「これだけデマだって言ってるのに何で買うんですかね」「周りがいっぱい買っていれば、デマだとわかっていても『やばい、買っちゃお』っていう行列心理になっていくんでしょうね」と苦言を呈しました。

番組のアンカーを務めるタレントでエンジニアの池澤あやかさんは「品薄になるなら、買っとくしかない。という心理はすごいわかる」と、共感する一幕も。

次ページ ■「生理用品もなくて…」

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事