もち米を丸ごと! 優しい味わい「ライスムージー」 が中目黒に登場

“忍者めし”をヒントに再現されたスムージーとプリンが中目黒にある「OPEN NAKAMEGURO」で3月9日から発売。

伊賀ライスムージー

三重県の伊賀産のお米をふんだんに使用したスイーツ「ライスムージー」と「なまもちプリン」が3月9日より中目黒の「OPEN NAKAMEGURO」で限定メニューとして発売されます。


画像をもっと見る

■場所は中目黒駅近の「OPEN NAKAMEGURO」

今回これらのスイーツを提供している「OPEN NAKAMEGURO」は中目黒駅4分の場所にある複合型プラットフォームスペース。

店内ではコーヒーをはじめとしたカフェメニューも展開しています。焙煎士とタッグし、開発したオリジナルブレンドのコーヒー豆を使用!

また、濃厚に抽出したエスプレッソで作るカフェラテは人気商品です。

wi-fiは勿論、コンセントのある席もあるので、仕事も十分にできます。外にはテラス席があり、ペットもOKなので、お散歩の休憩などにも立ち寄れます。ガラス張りの店内は光もよく入り、心地よい…!


関連記事:タピオカの次はプリンブーム? 本格ティースタンド「チャノン」が関西初上陸

■忍者めしをヒントに! 3種のスムージーとなめらかプリン

提供しているスイーツはライススムージーとなめらかプリンの2種類。今回、「忍者めし」をコンセプトに、栄養価のある食材を丸めた忍者の携帯食「兵糧丸」からヒントを得て、ライスムージー の開発に至ったそうです。

ライスムージーは三重県・伊賀産のもち米や牛乳、ヨーグルト、きび糖を混ぜて、固めたものをスムージー状にしています。なまもちプリンは、伊賀産のもち米に忍者説のある松尾芭蕉の名がついた「こんにゃく」も混ぜプリンにしたもの。「忍者がサボってでも食べたくなる甘味(おやつ)」をイメージしています。

それぞれのメニューについて、紹介していきます。


☆プレーン(550円・税抜)

プレーン味のスムージーはお米の味わいをそのまま楽しめる一品。牛乳で炊いた伊賀産のもち米にヨーグルト、きび糖を含んだスムージーです。一番お米を感じられるフレーバーでもあります。


☆ほうれん草(550円・税抜)

プレーンと基本的に材料は同じで、最後にほうれん草を加えています。爽やかなグリーンのスムージーは見た目の通り飲みやすさはダントツ。ほうれん草のつぶつぶ感も楽しめ、オススメの一品。


☆バナナ(550円・税抜)

こちらもプレーンと基本的に材料は同じで、最後にバナナを加えています。お米とバナナがうまく混ざり、喉越し抜群です。朝食に飲みたくなるような一品です。


☆なまもちプリン(350円・税抜)

こんにゃくを含んだ「なまもちプリン」はつぶつぶが美味しいです。お米のなめらかな味わいも楽しめ満足度もある一品。甘さは控えめなので、カラメルをかけて食べても美味しいです。お持ち帰りでお土産にもgood!


■開発の背景にある「伊賀忍道」とは

fumumu20200304 raisu7

今回の2つのスイーツの開発の背景には「三重県伊賀市」が関わっています。その中で三重県・伊賀の地で生まれた、文化や景色を発信していきたいという思いから始まったプロジェクトが「伊賀忍道」です。

今回は、さらなる魅力の発信のため、伊賀の食材を活用した忍道メニューを中目黒の「OPEN NAKAMEGURO」と共同で開発し、提供に至りました。このスイーツをきっかけにより伊賀の魅力を広げていけたら嬉しいですね。

これから暖かくなる季節。中目黒周辺に遊びに来た際は、今までにない新食感のスイーツを是非試してみては?

・合わせて読みたい→ローソン新商品の『モチクルン』 モチモチ好きにはたまらない!

(文/fumumu編集部・チーター

この記事の画像(10枚)

おすすめ記事